反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

八重樫vsサレタ

 WBC世界フライ級タイトルマッチ、八重樫東vsオディロン・サレタを録画視聴。この録画視聴がとんでもない悲劇を生むことに・・・。

 1Rはジリジリ圧力をかける八重樫に、サレタが大振りのパンチを出していく展開。目立った有効打はないが、前に出ていた分八重樫のラウンドか。ただサレタも思い切り振ってくるのが怖い。
 続く2Rは手数でサレタのラウンド。中間距離で繰り出してくるパンチが面倒で、八重樫も落ち着いて対処しているもののなかなか懐に入れない。しかし3R後半になると、八重樫が飛び込んでの右を繰り返しヒット。早くもタイミングをつかんできた。
 4Rになると八重樫は完全にサレタのパンチを見切るようになり、気づけばいつも通りの八重樫ペース。サレタは八重樫のスピードについていけず空振りが増える。八重樫は5Rからインファイトの時間帯を増やすようになり、6Rには距離を詰めて左右のボディを連打。サレタは露骨に嫌がり始める。
 勢いに乗る八重樫は7Rには左アッパー、さらに左ボディからのダブルを次々とヒット。続く8Rも八重樫が攻めるが、KOを意識し過ぎて雑になったか、サレタの反撃をもらう場面も。
 9Rも序盤はサレタのパンチを不用意にもらってしまい、油断していると危ないか・・・と思ったものの、近距離での打ち合いから八重樫の右カウンターがクリーンヒット!ダウンしたサレタは何とか立ち上がるもののファイティングポーズが取れず、試合終了。八重樫がロマゴンの目の前でKO防衛に成功し、大勝負へのお膳立てを整えた。

 最後のKOパンチはお見事だったものの、終盤はKO決着を焦ってしまいやや粗いボクシングをしていた印象。正直ロマゴン相手に今回の戦い方をしても、相手のパワーと回転力に呑み込まれてしまうと思う。ロマゴンもフライ級に上げてからは一時期の圧力・破壊力がなくなっているので、ロマゴンの距離を作らせずヒット・アンド・アウェイでジリジリとポイントを奪っていくのが攻略法か。ロマゴンに土をつけるとしたらそういう戦い方しか思い浮かばないし、八重樫ならそれを完遂できそうな気がする。本意ではなくとも、次は判定上等と割り切ってロマゴン退治に挑んでほしい。

 放送が1時間15分しかないけど井上の試合ちゃんと放送できるのか?早期KO決着だったのかな?と思いながら見ていたら、井上のリングコールの場面で録画が終了・・・。

 延長分が録画できていなかった。

 いやもう、この怒りをどこにぶつけたらいいのか。ツイッターを検索したら同じ目に遭った人が相当いたようだが、フジ側の設定に問題があったということ?これはもう「第二のフジテレビ・ショック」ですよ。いいとも終了に続き、フジの凋落が如実に表れた事件だな、こりゃ。
 しかも結果を見たら井上がTKO勝利で王座奪取。もう深夜でもCSでもいいので、頼むから再放送をしてくれ。

 YouTubeで探すか・・・。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2014-04-08 13:32 x
youtubeあたりにまだ生き残ってる映像があるみたいですよ。

八重樫の試合後のインタビューがまた良かったですよねぇ。
井上の勝ち方も見事というしかないです。
5Rあたりに嫌な雰囲気あったんですが、足がつってしまっていたらしいですね。
強い相手を求めてくれるなら、とっとと階級上げてしまったほうがいいかもですね。

いい興行でした。
来週はいよいよパッキャオですし、山中・長谷川と楽しみが続きます。

そして、ヌゲイラさんには是非藤本×石田を予想してもらいたいなぁw
Commented by 人生マイペンライ at 2014-04-08 18:21 x
私も録画で観てたら、まさかまさかの井上が登場で切れてました・・・

野球じゃないんだからちゃんと時間枠を取っておいてほしいですね!
Commented by nugueira at 2014-04-08 22:24
>みゆパパ様
 このままでは死んでも死にきれないので、動画サイトをもう少し漁ってみたいと思います。
 藤本vs石田は興味深い試合ではあるんですが、自分の中で予想できるだけの材料がいまいち足りない感じなんですよねえ。

>人生マイペンライ様
 おおっ、ここにも被害者が!「A女E女の復活を望む会」ならぬ「井上の再放送を望む会」を結成したいぐらいの気分です。
by nugueira | 2014-04-07 23:48 | ボクシング | Comments(3)