反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

河野vsデンカオセーン

 WBA世界スーパーフライ級王座決定戦、デンカオセーン・カウイチットvs河野公平をテレビ観戦。

 1Rは比較的静かな立ち上がり。河野がジャブ、さらにストレートを当てる場面もあったが、手数でデンカオセーンが取った印象か。
 2Rもデンカオセーンの強打を警戒してか、河野は必要以上に手数は出さないものの、それでもカウンターの左でデンカオセーンを一瞬ぐらつかせる。続く3Rはデンカオセーンが右フックを入れていくが、河野もストレートを当てて反撃。全体としてデンカオセーンが前に出続けてペースを握っているが、河野もところどころで有効打は入れており悪くない展開。
 迎えた4R、デンカオセーンが突っ込んできたところに河野の右カウンターがヒット!アゴをかすめるような一発でデンカオセーンは崩れ落ちるようにダウン。河野はこれ以上の追撃はできなかったものの、前半戦でダウンを奪ったのは大きい。
 河野は無理に攻めにはいかず、5Rからはフットワークを使って距離をキープする展開に持ち込む。早めに回復して反撃に転じたいデンカオセーンだが、やはり前半戦ほどは前に出ていけない感じ。
 6Rは河野の左ジャブ・右ストレートがデンカオセーンの顔面を捉えるが、7Rは再び圧力を強めたデンカオセーンが手数で圧倒、と一進一退の攻防。河野としては手数が出なくなってきたのが嫌な流れか・・・という雰囲気で迎えた8R、河野が再び自分から前に出て攻勢を強めると、右ストレートがクリーンヒット!一撃で崩れ落ちたデンカオセーンはうつ伏せになったまま立ち上がれず、そのまま10カウント。目の覚めるようなKO劇で河野が王者に返り咲いた。

 デンカオセーンはキャリアに見合った老獪な試合運びを見せ、ダウンを奪った後も河野にとっては決して楽な展開ではなかったが、それでも最後は見事なKO決着。敗れたソリス戦も含め、河野は相手を倒す試合運びを貫き通してくれるのが素晴らしい。頼むから亀田とは絡まないで欲しいが、やはりビジネス的には魅力があるのかなあ。

 実に素晴らしい試合でした。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2014-03-27 00:01 x
見事な勝利でしたね。4Rも8Rも瞬間どっちも声出ちゃいました。

現状では、亀田自身もそうですし、
仮に交渉に進んだとしても、TV局の問題等クリアすべき課題が多すぎて実現は困難ではないでしょうかね。

テレ東の実況アナ。
「和風総本舗」でもそうですけど、ビシビシと痛烈な言葉を吐いてくれて非常に面白いですw
Commented by nugueira at 2014-03-31 22:53
>みゆパパ様
 テレ東の実況陣は不利なときは不利と言ってくれるのがいいですね。亀田の扱いにしても、他の局だったらJBCの処分の件に触れない可能性すらあったんじゃないかと思います。
by nugueira | 2014-03-26 23:25 | ボクシング | Comments(2)