反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

リナレスvs荒川の予想

 日本時間9日にラスベガスで行われるリナレスvs荒川の予想を。

ホルヘ・リナレス○-×荒川仁人
 日本ジム所属選手同士によるWBC世界ライト級挑戦者決定戦。エキサイトマッチでジョー小泉氏も言っていたが、ラスベガスでこの試合が組まれることに大きな意味を感じる。日本に座してチャンスを待ち、国内で淡々と防衛を重ねるだけでよしとされる時代は終わりを告げた。ビッグチャンスを求め海外へと渡る「大航海時代」が幕を開けたのだ、と言っても決して大げさではないのでは。
 フィゲロア戦の激闘で株を上げた荒川だが、今回の試合に関していえばリナレス優位は揺るがないところ。ディフェンス面での脆さというウィークポイントはあるが、ここ2試合を見る限りライト級へのアジャストも済ませて、自分の勝ち方をしっかりとつかんでいる印象。荒川としては長丁場の泥試合に持ち込んで逆転の一発を入れるチャンスをうかがいたいところだが、リナレスがその隙を与えずにフィニッシュしてしまうのでは、と予想。昨年王者の怪我で流れてしまった3階級制覇にいよいよ王手をかけるか。
[PR]
by nugueira | 2014-03-05 21:28 | ボクシング | Comments(0)