反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

チャベスJr&ロマチェンコ

 エキサイトマッチのライブ配信を見た感想を。

 まずWBO世界フェザー級タイトルマッチ、オルランド・サリドvsワシル・ロマチェンコ。サリドが計量オーバーにより王座を剥奪され、ロマチェンコが勝った場合のみ王座獲得という形に。
 1Rはさすがに様子見かお互い手数が少ないが、圧力をかけ続けたロマチェンコのラウンドか。しかし2Rに入るとサリドが頭から飛び込むようにパンチを振るいロマチェンコの懐に入り込む。アマチュアボクシングには見られないスタイルにロマチェンコはやりにくそうで、サリドがさっそく自分のペースに引きずり込む。
 しかし4Rに入るとロマチェンコがスピードのギアを上げ、フットワークで間合いをキープ。サリドに距離を詰めさせずペースを奪い返す。
 だがサリドにとって序盤のこの展開は想定内だったか、6Rに入ると再び距離を詰めてゴツゴツした削り合いの展開に引きずり込む。手数ではさほど劣っていないロマチェンコだがサリドの突進力に自分の試合ができず、劣勢の印象のままラウンドが経過。初体験となる長丁場に加えサリドのボディブローで体力を削られたか、8・9Rは手数も減りだいぶ消耗した様子。
 それでも10Rから手数を増やして反撃に転じたロマチェンコは、11Rに久しぶりに明確なラウンドを取ると、最終Rにも猛攻。左のダブルを効かせサリドを下がらせると、そのままコーナーに詰めラッシュ。サリドはなりふり構わずクリンチで凌ぎ、なんとかダウンは免れて試合終了のゴング。
 個人的採点は115-113でサリド。ただ微妙なラウンドもあったしどうなるか・・・と思ったが、判定は2-1でサリド。ロマチェンコのプロ2戦目での世界王座獲得という偉業は実現ならず。
 ロマチェンコは終盤の反撃をもう少し早く始めていれば・・・という形だが、それはボクシングの世界戦ではよくある話。ロマチェンコに自分の試合をさせなかったサリドが上手だった、と言わざるを得ない。腹の立つ話だが、試合前の計量オーバーも含めてサリドがロマチェンコにプロの洗礼を浴びせた。

 続いてスーパーミドル級12回戦、フリオ・セサール・チャベス・ジュニアvsブライアン・ベラ。
 1R、チャベスは下がりながら左ボディを起点に先手を取る。さすがに今回はきっちり仕上げてきたか。しかし2Rに入るとベラが右クロスをヒット!ひるんだチャベスに対してベラはガンガンと前に出続ける。序盤から一進一退の白熱した好勝負。
 しかし3Rにチャベスが左ボディから右ストレートをヒットさせ反撃すると、4Rも同じコンビネーションを食らったベラが下がり始め試合の流れが一気に傾きだす。ベラも引き続き手数を出して攻めてはいるのだが、ラウンドを重ねるにつれ一発の重さの差が出てきてしまい、KOも時間の問題かという雰囲気に。
 後半に入ってもベラはタフネスさを見せ打ち合いに行くが、パワープレーのぶつかり合いはチャベスの土俵。ボディをさんざん効かせてから打ちおろしの右、という前半と同様の殺人フルコースで追い込んでいく。9Rにはチャベスもさすがに攻め疲れか手数が減ってきたものの、勝負どころの10Rをなんとか押し切ると11Rには右ストレートをクリーンヒット。ベラは棒立ちになりながらもダウンは免れるタフネスぶりを見せるが、反撃にはつなげられず試合終了。なぜか1ポイント差という不可思議ジャッジが1名いたが、残り2名は大差でチャベス。圧勝劇で因縁の再戦を制した。

 チャベスこの野郎!真面目にやればいい試合できるじゃねえか!毎回こういう試合すれば応援してやるぞテメエ!
 ととりあえず逆ギレしてみましたが、今回についてはチャベスが強かった、というしかない試合内容。攻める場面と退く場面を作って分かりやすいガス欠を見せなかった辺りにも成長が見てとれたし、これで名実ともにスーパーミドル級戦線のキーマンに浮上したか。

 来週はカネロ復帰戦。リナレスvs荒川も。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2014-03-04 10:05 x
ロマチェンコは、嫌な予感が的中してしまいました。
もう少し経験積めば決して捌けない相手じゃなかったんでしょうけどね。
それにしても、サリドは元気いっぱいで、やはり調整ミスなんかじゃなく、戦略的(こんな言い方も腹がたちますが)なオーバーなんでしょうね。
確かに腹がたつのですが、ベルトの価値をとことん貶めてきた団体にも大きな責任があるかと思います。

ジュニアは、1Rはじまってサークリングしはじめたときは
「あ~あ、体格で押しきれないんじゃ勝負にならんだろー」とつまらない試合展開を予想したものですが、見事裏切ってくれました。
50戦もしておきながら今さら進化するあたり、やはり遺伝子ですかね。
Commented by ロイ at 2014-03-04 21:47 x
サリドがまさにプロの洗礼を浴びせましたね。
余裕の体重オーバー(意図的とも思える)に頭突き、ローブローそれを無視するレフェリー、全てがサリドの有利に動いていた気がします。にしてもサリドは頑張ったと思いますが素直に評価出来ない現実。全ては体重超過を金払えばすますという業界に問題があると思います、せめて体重オーバーした選手には試合当日にオーバーした体重から何キロ以上は増やしてはいけない等ペナルティがあっても良いかと思います。ロマチェンコには気の毒な試合でしたね。

チャベスJrは今回は体重作って一戦目より動けてましたね。
ベラがタフでKOは出来ませんでしたが面白い試合でした。
守りが良くなれば安心して見れるんですが、打たれるところが試合を盛り上げてるかもしれませんね。
Commented by nugueira at 2014-03-05 21:36
>みゆパパ様、ロイ様
 ベルト返上して罰金1万5千ドル払っても、ロマチェンコに勝てばその方が長期的には儲かる、という判断なんでしょうね。こういう戦略が成立しないよう、ルール面で何かしらのペナルティを課さないと今後も同じケースが増えるのではないかと心配です。
 チャベスJrは不用意にパンチをもらう場面もありましたが、ロイさん仰るようにそこも含めて面白い試合をしていたと思います。
by nugueira | 2014-03-02 17:05 | ボクシング | Comments(3)