反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

ララvsトラウト、アレキサンダーvsポーター

 エキサイトマッチの感想を。まずWBA世界スーパーウェルター級王座決定戦、エリスランディ・ララvsオースティン・トラウト。
 1Rはほぼ互角だが先手を取り続けた分ララが取った印象。2Rに入るとララのパンチがトラウトを捉える場面が増え、3Rには打ち下ろしの左がヒット。パンチの正確性で上回り、ララが完全にペースを握る。
 中盤に入ると前に出て攻めていくトラウトだが、要所要所でいいパンチを入れるララ相手に流れは引き戻せず。7Rに強引に前に出てようやくララのペースを乱すが、続く8Rはトラウトの動きを見切ったララが手数を増やしてくる。完全にララのペースのまま終盤戦へ。
 無理にKOを狙う気配は感じられなかったララだが、11Rに左カウンターをどんぴしゃのタイミングで叩き込み遂にダウンを奪取。この後は強引にとどめを刺しにいかず試合終了のゴングを迎えたが、大差の判定で圧勝し正規王者に昇格。倒しにいかないところに物足りなさは感じたけど、こりゃ強いわ。

 続いてIBFウェルター級タイトルマッチ、デボン・アレクサンダーvsショーン・ポーター。
 1Rからガンガン前に出て距離を潰し、懐に入ってパンチを振るうポーター。2Rには互角の打ち合いとなりアレクサンダーもカウンターを入れるが、どちらかというとポーターのペースにアレクダンサーが付き合わされてしまっている印象。3Rに入ると踏み込むタイミングをつかんだポーターが左右のパンチを次々にヒットさせアレクサンダーの腰が一瞬ガクリと落ちる。
 パッキャオのスパーリングパートナーという触れ込みのポーターだが、鋭い踏み込みからパンチを振るうスタイルはまさにパッキャオ。それでもアレクサンダーは下がりながらのカウンターを入れ、6Rにはポーターが飛び込めなくなり距離が空く場面が増えてくる。
 こうなると後半は流れが変わってくるか・・・とも思えたが、7Rに入るとポーターが再び距離を詰めてドロドロの殴り合い。逆に再び流れを引き戻してしまう。9Rにはアレクサンダーが再びカウンターを入れるようになるが、続く10Rはポーターがボディ連打で再度押し込む。終盤になっても圧力が緩む気配のないポーターをさばききれず、アレクサンダーは苦しい展開のまま試合終了。2P差が1名、4P差が2名の判定勝利でポーターが王座奪取。
 アレクサンダーはポーターの土俵に無理に付き合ってしまった形だが、むしろ付き合わせたポーターを褒めるべきか。粗さも目立つけど、逆に王座獲得で化けてもおかしくなさそう。

 3月は注目カードが盛りだくさん。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2014-02-11 23:44 | ボクシング | Comments(0)