反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

WSOFとUFC

 アンソニー・ジョンソンが4月のUFC172でオクタゴンに復帰することに。かつてミドル級で計量オーバーしてリリースされた後、堂々たるライトヘビー級の選手として出戻り。なんか「放流した稚魚が育って帰ってきた」みたいな話だな。

 ライトヘビーはコーミエの参戦で当面の挑戦者には困らないとはいえ、他の階級と比べてやや層が薄い感じがするので補強してきたということか。ただUFCはストライクフォースが勢いを増してきた時期に「SFが手を伸ばしそうなUFCリリース組を一旦呼び戻して、活きのいい若手にボコボコにさせて商品価値を落とす」というマッチメイクをやってたからなあ。復帰戦の相手がいきなりフィル・デイビスという辺りからしても、「遠回しなWSOF潰し」という色合いの方が強いのかも。

 まあズッファの意図がどこにあるにせよ、「WSOFからUFCに行ける」というのは選手にとって励みになるのは確か。UFC復帰のチャンスを窺う岡見にとっても、これから参戦するパンクラス勢にとっても、WSOFが上がりではなくその先にオクタゴンが見えることでモチベーションがまた違ってくるのでは。
 日本勢に限らずこれでWSOFへの参戦を希望する選手がまた増えてくるはずで、WSOFにとってはライトヘビー級の中心であるジョンソンを取られたのはともかく、長期的には損して得を取っているのでは。まあ長期的にどうなるのかは、さっき書いたズッファ側の意図がどこにあるのか、という点にもよってくるんだろうけど。

 日本大会は秋だっけ。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2014-02-05 23:45 | UFC | Comments(0)