反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

ニエテス&サビーリョ

 エキサイトマッチの感想を。今回は軽量級フィリピン勢の防衛戦。

 まずWBO世界ライトフライ級タイトルマッチ、ドニー・ニエテスvsサミー・グティエレス。序盤から左がよく伸びるニエテス、1R後半にワンツーでダウンを奪うと、さらに右アッパーからの左フックで2度目のダウンを奪取。1Rにいきなり主導権を握る。
 ニエテスのパンチは伸びるだけでなく軌道に無駄がなく、2Rもグティエレスの打ち終わりをきれいに打ち抜いていく。見事な右カウンターも入れ、ダウンは奪えなかったが引き続き圧倒。3Rに入ると飛び込んでの左フックや右ストレートを次々と打ち込み、最後は打ちおろしの右でグティエレスをダウンさせフィニッシュ。本当にいいものを見せてもらった、という感じのきれいなボクシングだった。

 続いてWBO世界ミニマム級タイトルマッチ、メルリト・サビーリョvsカルロス・ブイトラゴ。
 1Rはサビーリョが返しの右をヒットさせやや優勢。しかしブイトラゴもいいパンチを出しており、2Rには手数で攻勢をかけて反撃。序盤からシーソーゲームになりそうな雰囲気。
 3Rにはサビーリョが間合いをコントロールし始めたようにも見えたが、4Rはブイトラゴがクリーンヒットはないものの手数で押している印象。うかつに飛び込めないサビーリョだが、5Rには先手を取り続けて優勢・・・と本当に交互にラウンドを取り合う展開。
 しかし中盤戦に入った辺りからサビーリョが圧力と手数で前に出るようになり、ブイトラゴが下がる場面が目だってくる。サビーリョもクリーンヒットを入れているわけではなくお互い決め手がないのだが、そうなると前に出ている分サビーリョがポイントを取っているか。迎えた8R、サビーリョが更に圧力を強めると、打ち合いでもブイトラゴを押し込むようになる。サビーリョのパワープレーで遂に流れが傾いてきたか?
 しかし次の9R開始早々、サビーリョが突っ込んだところにブイトラゴの右のカウンターがヒット!サビーリョはガクリと腰を落とすが、なぜかブイトラゴは無理に攻めにいかずサビーリョに回復の時間を与えてしまう。10Rにはサビーリョがボディストレートを効かせて再び攻勢を強め、ブイトラゴは最大のチャンスを逃す形に。
 11Rはブイトラゴ、12Rはサビーリョが押し気味の印象で試合終了。ホームタウンデシジョン込みでサビーリョ勝利かと思ったが、ジャッジは1-1の三者三様のドロー判定となりサビーリョが防衛。まあジャッジにとっても非常に難しい試合だったので納得。ブイトラゴは中盤以降手数が増えなかったのと、9Rのチャンスに攻めきれなかったのが痛かった。全体としてアウェーでベルトを奪う試合ができていなかったか。

 来週はジュダー登場。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2014-01-31 23:23 | ボクシング | Comments(0)