反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

WSOF08の感想

 WSOFの試合動画を見たので感想を。

ジャスティン・ゲイジー○-×リチャード・パティシュノック(1R TKO)
 開始早々ゲイジーが跳びヒザを見せるが、先にいいパンチを入れたのはパティシュノック。しかしゲイジーは体勢を入れ替えると右フックを打ち抜きパティシュノックがダウン!ここで止めてもいい倒れ方だったと思うがレフェリーは割って入らず、両者のブン回すような殴り合いが続行。最後はゲイジーがクリンチからアッパー・フックを連打したところでようやくストップ。
 ライト級王座決定戦だったわけだが、ずい分粗い試合ちゃってるなあというのが素直な感想。最初はカルバンが出る予定だったんだっけ?

アンソニー・ジョンソン○-×マイク・カイル(1R TKO)
 どっしり構えて自分の間合いで細かい前蹴りやローを出すジョンソン。一度バックを取られかけるもののテイクダウンは許さず、最後はカイルがパンチ連打で突っ込んできたところに右フック!一撃でうつぶせに倒れたカイルはそのまま起き上がれず、ジョンソンが衝撃KO。こいつは最近まで曲りなりにもウェルターで戦っていたはずだが、どういう減量をしていたんだ。

 WSOFは日本大会の話も出ているけど、この2試合を見る限りレベル的にはまだまだ微妙な感じ。慌てて会場観戦するほどでもないかなあ。
[PR]
Commented by みゆパパ at 2014-01-21 11:09 x
そういえばWSOFの試合映像って一度も観たことないですw

無理やりのWSOF絡みですがw
ボクシングの粟生選手のブログに、
粟生、武井壮、川尻、岡見の4人並んでの写真があって、
ちょっとオーッと思っちゃいましたw
やはり武井壮は只者じゃなかったw
Commented by nugueira at 2014-01-25 15:35
>みゆパパ様
 以前ゴン格で川尻との対談を読んで以来、武井壮のことはアスリートとしてとらえています。その顔ぶれの中に入っていても、もはや違和感がないですね。
by nugueira | 2014-01-20 20:08 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)