反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

内山&三浦

 新年最初の更新はテレ東ボクシング中継の感想。

 まずはWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、三浦隆司vsダンテ・ハルドン。1Rに三浦の左ボディでハルドンが体をくの字にさせる。いきなりチャンスをつかんだ三浦は左ストレートで追い打ちをかけるが、ハルドンの左フックを浴びグラつく危なっかしい場面も。
 1Rは凌いだハルドンだがダメージの色は濃く、2R以降は完全に大振りのパンチに。嫌らしいのは回り込んで打ってくる左ボディぐらいか。三浦はこの後も徹底したボディ攻めを続け、ハルドンは露骨に嫌がる表情を見せる。5Rには三浦が左右のボディフックから顔面へとつなげたところでハルドンが遂にダウン。焦点は三浦がいつフィニッシュさせるかに移ってくる。
 ハルドンはこの後根性を見せ、8Rには三浦の連打でハルドンがヒザをつくもののなぜかスリップ裁定になる場面もあったが、粘りもここまで。9Rにロープ際で三浦が連打を叩き込みハルドンがダウンしたところでレフェリーがストップ。三浦が圧勝のTKOで2度目の防衛。
 三浦はベルトを獲ったディアス戦に比べると右がそれなりに出せるようになっており、これでますます左が活きている。まだ粗さも目立つけど、毎回いい勝ち方をするよね。

 続いてWBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、内山高志vs金子大樹。1Rはお互い様子見。内山が手数でやや優勢だが、金子も落ち着いた動きを見せている。
 2Rも金子はいい動きを見せ、左ジャブを突いてからの右ストレートをヒット。丁寧かつきれいなボクシングをしている感じ。
 3Rに入ると内山の左ボディ・左フックが金子を捉える場面が増え、流れは徐々に内山のペースに。4Rも内山が有効打の数を増やすが、ラウンド後半に金子の右ストレートがヒット。この一発で流れを引き戻し、なかなか内山のワンサイドゲームにはさせない。
 しかし内山は金子の入り際にきれいに左ショートを合わせると、そこからワンツー、更に踏み込んでの左。5R以降は再び主導権を握り、変幻自在の左で金子を圧倒し続ける。金子もひるまず前に出続けて決定打は許さず、非常に締まった展開のまま試合は終盤戦へ。
 後半に入っても内山のフットワーク・パンチの巧みさは際立ち、このまま圧倒か・・・と思えた10R、金子が左を効かせて内山を下がらせると、ロープ際でカウンター気味の右ストレートをヒットさせ内山がまさかのダウン。落ち着いた表情で残り時間を凌ぐ内山だが倒れ方からしてダメージがないはずがなく、にわかに雲行きが怪しくなってくる。
 金子にとっては大逆転の可能性も出てきた11Rだが、開始早々金子が突っ込んできたところに内山が右ストレート、さらに左フックを入れ逆に金子を下がらせる。大ピンチだった内山がいとも簡単にペースを握り返し、事実上ここで勝負あり。世界戦で初の判定決着となったものの、内山が8度目の防衛に成功。
 これまでの防衛戦の内容からしたら大苦戦だったのは間違いないが、11Rの反撃で内山の強さを逆に再確認させられてしまった形。残り2Rは耐え凌ぐだけで逃げ切りを狙ってなんらおかしくない状況だったのに、あっさり逆転してしまうんだもん。金子の気迫と技術もお見事で、掛け値なしの名勝負。この試合を生で見ずに年を越してしまったことを本気で後悔した。
 
 放送でも散々煽られた内山と三浦の統一戦だが、個人的にはさっさと組んでしまった方がいいと思う。今回の試合で三浦の格が内山に追いついたとは思わないし戦ったら内山が勝つんだろうけど、引っ張り過ぎて機会が永遠に失われてしまう方がもったいないのは粟生が証明しているわけだし。

 今回は壇蜜が出てこなくて良かった。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by ユウツギ at 2014-01-02 02:23 x
金子が驚異的な執念で肉薄したというのは、重々承知なんですが、今回の試合を見て、マイキーとやったらちょっと分が悪いんじゃないかと思えてきました。とは言っても、ヌゲイラさんも仰るとおり、今までが圧勝過ぎたが為に、今回が悪く見えてしまうというのもあるとは思いますし、マイキーもガンボアも試合でダウンはしてますからね。井岡も内山も夢が広がってゆく選手なんで頑張ってほしです。
Commented by nugueira at 2014-01-02 11:06
>ユウツギ様
 ダウンからすぐに立て直したという点では、奇しくもガルシアの前戦と重なりましたね。内山は防衛回数の記録を重ねるよりも、やっぱりビッグマッチの実現を期待したいです。
Commented by みゆパパ at 2014-01-02 12:28 x
内山は、あの圧倒的な破壊力のKOパンチに注目されがちですが、
今回の試合ではフットワークやガードをかいくぐるパンチの打ち分けなど、
テクニックも存分に発揮して見せてくれたと思います。

10Rのダウンは,金子が意地を見せてくれて試合の価値を上げてくれたものでした。

内山の海外行きもちょっと現実味がなさそうなんで、
ヌゲイラさんが仰るとおり、内山×三浦は来年には実現してほしいですし、おそらく実現するのではないでしょうか。
Commented by スラッカー at 2014-01-02 15:16 x
内山金子戦の後の畑山の感想は、
某兄弟の某親父がどうどうとTVに出てる時には許されないコメントでしたねw

「最近はしょーもない世界戦もある中で~」とかw
Commented by nugueira at 2014-01-04 08:12
>みゆパパ様
 ご指摘のとおり、今回の試合では「KOダイナマイト」とは違った内山の上手さ・強さを見ることができました。ダウンしてなお評価を上げた・・・というと大袈裟かもしれませんが、11Rは本当に見事でした。

>スラッカー様
 その発言、私もテレビの前で「おおっ!」と思いました。選挙特番の池上さんといい、テレ東はガチですね。
by nugueira | 2014-01-01 17:35 | ボクシング | Comments(5)