反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

UFC168の予想

 今年のUFCのトリを飾る恒例の年末ラスベガス大会。主要カードの予想を。

デニス・シバー○-×マンヴェル・ガンバリャン
 スワンソンにKO負けを喫して出直しとなるシバー。フェザー転向後2連勝の実績を考えれば、今回のガンバリャンはまあどうにかなる相手か。

グレイソン・チバウ○-×マイケル・ジョンソン
 勝ったり負けたりが続いていたが、ヴァーナーを破って多少存在感を増してきたチバウ。相手のジョンソンは前回ローゾンを破っている選手だが、チバウが手堅く勝ちそう。

ダスティン・ポワリエ○-×ディエゴ・ブランダオ
 コクを破って上位グループに踏みとどまったポワリエ。相手のブランダオは3連勝中だが上位陣との対戦経験はないし、ポワリエが普通に勝ちそう。

ジム・ミラー○-×ファブリシオ・カモエス
 一時期タイトル挑戦者候補の最右翼にもいたものの、このところパッとしない戦績が続くミラー。相手のカモエスは出戻り組かつ前回黒星の選手だし、ここで負けると本当にどうしようもなくなってくる。何とか踏みとどまってほしい。

ジョシュ・バーネット○-×トラヴィス・ブラウン
 ジョシュのUFC出戻り2戦目の相手はブラウン。印象としては中堅グループの選手だが、ここ2戦はゴンザガ、アリスターをKOしており油断はできなさそう。ミア戦と同じような感じで突っ込むと少々危ないか。とはいえクリアできない相手ではないはずなので、勝ってタイトル戦線へ突き進んで欲しい。これでブラウンが勝てばそのままタイトルに挑戦させても文句はないので、どっちに転んでもUFCは損しないのかもしれないが。

ロンダ・ラウジー○-×ミーシャ・テイト
 セミは女子バンタム級タイトルマッチ。TUFはこの2人の仲の悪さで相当盛り上がったという話も聞いたが、試合に関してはあまり盛り上がる余地はなさそう。ラウジーが必殺の腕十字で一本か。

クリス・ワイドマン○-×アンデウソン・シウバ
 今年のUFCを一言で表すと「絶対王者時代の終焉」。ミドル級・ライト級で王座交代が起き、ウェルター級もGSPが王座返上。JJもグスタフソン相手にあわや王座陥落の大苦戦を強いられた。この流れの口火を切ったのが7月のアンデウソンvsワイドマンなわけで、その再戦が2013年の大トリを飾るのはある意味当然の流れか。
 焦点は「前回のアンデウソンのKO負けは単なるポカだったのか」という点になってくるのだが、多少の油断はあったにせよワイドマンがアンデウソンのペースに巻き込まれず、最後までスタンドで押し切って勝ったのは事実。仮にアンデウソンが慎重に戦ったとしても、ワイドマンには高いテイクダウン能力というもう一つの武器がある。リマッチは前回勝っている方が精神的に優位という定説も踏まえれば、ワイドマンがアンデウソンを返り討ちにすると見ておくのが妥当では。せっかく進んだ時計の針をここで巻き戻されてもなあ、という思いも正直あるし。

 ただオッズはアンデウソンが有利。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2013-12-28 09:28 x
いよいよですね!

ワイドマンは前回の試合では、アンデウソンの油断だとか、ラッキーパンチとかいう声もあったので、今回は1Rからグラウンドで圧倒して返り討ちにしてほしいですね。
スタンドの展開が長引くと、やはりアンデウソンが有利だと思うので心配で心配でご飯が喉を通りません。ビールはいくらでも入りますけどw

ラウジーは十字でテイトの腕破壊してさらに中指立てる姿が想像できてしまいますw
Commented by nugueira at 2013-12-29 10:37
>みゆパパ様
 いやーWOWOWの放送開始が待ちきれないです。アンデウソンのリベンジを予想する声が思った以上に多いですね。
 年末に中指はマズいでしょう。特にアメリカでは。
by nugueira | 2013-12-27 15:10 | UFC | Comments(2)