反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

UFCの階級新設

 UFCが来年から女子ストロー級(115ポンド以下)を新設。5月からのTUF20の優勝者が初代チャンピオンになることに。

 改めて振り返ってみるとUFCの階級新設のスピードはものすごく、2011年にWECを統合してフェザー級・バンタム級がスタート。2012年にはフライ級を新設し、今年からは女子バンタム級が開始。これで4年連続階級を新設していることになる。来年は年間50大会という話も聞こえてきているし、タイトルマッチの回数をできるだけ増やしたいという狙いもあるんだろうけど。

 肝心の試合内容はどうかというと、女子バンタム級の試合を見た感想としては一昔前のMMAというかヴァーリ・トゥードをやっちゃっている感じで、女王ロンダ・ラウジーの存在感に頼っちゃってるかな、というのが正直なところ。
 とはいえ自分にとっては「自分が女子の試合を見て感想を言っている」ということ自体が驚き。独身時代の立ち技・総合なんでも見ていた時期でもジョシカクだけは守備範囲外だったのに。おそらく自分のように「UFCでやっているなら女子の試合を見る」という人は相当な数になるはずで、逆に言えば選手側にとっては「UFCに出れるチャンスがあるならやる」という状況のはず。それこそラウジーのような他競技からの転向組が増えてもおかしくはなく、向こう1~2年で飛躍的にレベルが上昇する可能性が高いのでは。

 この流れに日本人選手が乗っていけるのか・・・というのも気になるところではあるのだが、前述のとおりUFC以外の女子格闘技は全く追っていないので、どういう選手に期待すればいいのかも把握できていないのが正直なところ。まずは男子の方について北米にキャッチアップできる環境整備をしていくのが日本MMAにとっての最優先課題だしなあ。
[PR]
Commented by みゆパパ at 2013-12-13 10:09 x
今WOWOWで、ラウジーとテイトがコーチ対決のTUFが放送されています。
今週の第2話で、かつてストライクフォースにも出場していた結構名前の知られている(?)選手と無名の若い選手との対戦があり、戦前は圧倒的に前者が有利という予想で、しかも打撃で圧倒するだろうというものでした。
いざ試合が始まると、無名選手の、ただガムシャラで滅茶苦茶でハンドスピードもノロノロのパンチをもらいまくり、2Rに一本負けしていました。

前評判が相当高いシーズンとのことですが、先が思いやられる試合でしたよ。
コーチの確執みたいな、試合以外のストーリーが面白かったってことでしょうかね。

正直、自分は女子部門は全く惹かれないのですが、
アメリカでは女性同士の殴り合いが楽しくて仕方ないんですかねぇ。
Commented by おっさん at 2013-12-14 00:09 x
女子格はUFCやベラトールを見ても思った程はレベルは低くない印象。
一応、選手はやるべき事をやっている感じはします。
おそらく練習で常に男子に揉まれてるであろうし、そこは選手人口が少ないのが利する点なのかも知れないですね。

でも基本的に女子格そのものにあまり興味がないし、男子より遥かにレベルが劣るのは間違いないので、階級増設にはまるっきり反対ですね。
アスクレンや岡見のような世界ランカーの実力者を排除して、女子やTUF系選手ばかりを増やすというのは自分がUFCに求めているものと完全に逆行してる。
実力主義を根幹に据えてこその素晴らしき王道メジャーUFCだったと思うんですけど、そこから離れていってるのはやはり地上波が付いた影響もあるんでしょうか。
Commented by みゆパパ at 2013-12-14 11:04 x
おっさんさんのご意見を伺って、亀田一家や井岡、遡ってはボビーオロゴンや、さらには金子賢とか思い出したのは私だけではないはずw
まさに地上波の呪縛ですか。

アメリカのライト層はTUFが基準となってUFCに触れるでしょうから、地味な実力者よりTUF出身者のほうが視聴者に届くってことですか。
Commented by なちょ at 2013-12-16 05:49 x
女子は男子より体力的にも精神的にも劣るのだからレベルが低くなるのは当たり前です。でも見るべきところはあるはずで、それを探してみるのがファンだと思います。

10年ほど前、アリの娘を中心に、ルシア・ライカやアン・ウルフなど、それにプラスしてルックスの良いモデル系のボクサーなどのスター選手が同時期に揃い、ボクシングで一度だけ女子が盛り上がりかけたことがありました。しかしアリの娘を中心とした3人の試合が実現せずに終わり、その後女子ボクシングは完全に廃れました。

女子ボクシングで長年パウンド・フォー・パウンドに君臨していたホーリー・ホルムという選手は、キックボクシング出身というバックグランドも手伝って、昨年ボクシングを完全引退して総合格闘技へ転向してしまいました。それだけ総合格闘技の女子が盛り上がっている証で、ボクシングファンとして、女子に色々偏見を持つ意見が多い中でそこまで女子を盛り上げているUFCは凄いと思います。
Commented by nugueira at 2013-12-18 22:09
>コメントいただいた皆様
 色々なご意見ありがとうございます。個人的には今のUFC女子部門はブレイクスルー前の辛抱の時期で、TUF組優遇もグリフィンの頃からある話だし、まあ割り切るしかないかなと思っています。
 「見るべきところはあるはずで、それを探してみるのがファン」というご指摘にはグッときますね。
by nugueira | 2013-12-12 22:44 | UFC | Comments(5)