反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ゴロフキン&クィリン

 亀田の感想も書かないといけないが、まずはエキサイトマッチから。今回はミドル級のタイトルマッチを2つ。

 まずWBOミドル級タイトルマッチ、ピーター・クィリンvsガブリエル・ロサド。クィリンは1R、ジャブのフェイントから左フックをヒット。この後もクィリンは連打は出ないものの圧力をかけて着実に有効打を入れていき、2Rには左フックをもらったロサドがよろけるようにダウン。
 ロサドはこのままでは駄目だと悟ったか、3Rに入ると自分から前に出て反撃を開始。急に動きのリズムが良くなったロサドは4Rにアッパーからの連打をヒット。クィリンが一転してピンチに。
 ロサドはこれで一気にリズムに乗ったか、ノーガードのパフォーマンスを行う余裕も見せ、完全にリズムに乗ってくる。クィリンは単発でパンチは入れるのだが下がり続ける場面が増え、序盤の優勢はどこへやらという展開に。
 7Rはクィリンが右アッパーを起点に反撃すれば、8Rはロサドがまたも圧力をかけていくという競った展開。9Rはロサドが圧力をかけるも手数が減ってきて、流れがややクィリンに向いてきたか・・・という状況で迎えた10R、クィリンのパンチによりロサドが左目から出血しレフェリーストップ。いい試合だっただけにこういう形で終わってしまうのは残念。
 それにしても10R終了時のスコアが三者ともクィリン、うち一人はフルマークというのに驚き。自分の採点では9R終了点でイーブンでもおかしくないと思っていたのだが、ジャッジはどこを見てるんだ。

 続いてWBA世界ミドル級タイトルマッチ、ゲンナディ・ゴロフキンvsカーティス・スティーブンス。
 1R、落ち着いた構えから先手を取り続けるゴロフキンだが、スティーブンスは飛び込んでの右を繰り出し応戦。クリーンヒットというわけではないがゴロフキンがヒヤッとする場面も。2Rもスティーブンスがいい動きを見せ、手数でラウンドを取ってもおかしくないか・・・というところでゴロフキンの左フックがヒットしスティーブンスがダウン!ゴロフキンが一発でペースを取り戻してみせる。
 インターバル明けもダメージの残るスティーブンスにゴロフキンは一気に攻勢。ジャブから右、さらにボディを次々と打ち込んでいく。このままワンサイドゲームになるかと思えたが、スティーブンスはサンドバッグ状態になりながらも4R終盤にワンツーから反撃。ゴロフキンを一旦下がらせる。
 スティーブンスのパンチは特にどうということもないワンツーに見えるのだが、これがなぜかよく当たってしまう。ゴロフキンがここまでパンチをもらう場面は初めて見るかも。
 それでもゴロフキンは6Rに右フック連打でスティーブンスを下がらせ、再び主導権を握る。粘るスティーブンスだが、ゴロフキンの強打に押し込まれる場面が増え、徐々に手詰まりに。8Rは一方的に下がるだけになってしまったスティーブンスをゴロフキンがサンドバッグにし、ラウンド終了後にスティーブンスがギブアップ。ゴロフキンとしては苦戦した部類だったが、終わってみれば9連続となるKO防衛。
 スティーブンスは十分すぎるほどよく戦ったが、やはりゴロフキンの破壊力を受け止めて反撃を狙うのは無理があった。ゴロフキンは他団体王者をはじめビッグネームとの試合をぜひ実現させてほしい。

 亀田の感想は明日。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2013-12-05 15:12 x
ゴロブキンの対抗王者として度々名前が挙がるマルチネスですが、さてさて実現するかどうか。
まずは復帰戦の出来にもよるでしょうが、危ないゴロブキンよりもビッグネームのコットやマルチネスあたりとの対戦を目指したいところでしょうね。

それにしてもゴロブキン、あの手数でありながら冷静に打ち分けてしまうんだから手が付けられませんね。
村田が将来対戦することがあったとして、果たしてどう対処すればいいのやら、想像できません。
Commented by nugueira at 2013-12-08 08:37
>みゆパパ様
 マルチネスにゴロフキン戦に挑む度胸があるかどうかですよね。ゴロフキンはパンチ力だけじゃなく技術でKOを奪ってるのがたち悪いですよねえ。
Commented by なちょ at 2013-12-10 17:29 x
最近変なジャッジが一人紛れ込んでること多いですね。勝敗に影響がないからギリギリ問題になっていないけど、気になるジャッジが頻発してる。

ゴロフキンは強さの割にビジネスにならないのでセルヒオやコットは避けてます。今のところセルヒオやコットは現実的ではないので、思い切ってスーパーミドルに階級を上げたほうがチャンスはあるかもしれません。ミドル級だとしばらくはこのクラスの相手とコツコツ試合して、ビックマッチが転がり込んでくるのを待つしかなさそう。次ぎの試合なんてモナコ流しにされて無名選手と試合です。
Commented by nugueira at 2013-12-11 22:55
>なちょ様
 エキサイトマッチを見ていても「あれ、これスプリットになっちゃう?」という試合多いですもんね。パッキャオvsブラッドリー級の問題ジャッジが出なきゃいいんですが・・・。ゴロフキンはしばらく辛抱するしかないですかね。
by nugueira | 2013-12-04 23:55 | ボクシング | Comments(4)