反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アルバラードvsプロボドニコフ

 エキサイトマッチでWBOスーパーライト級タイトルマッチ、マイク・アルバラードvsルスラン・プロボドニコフを視聴。

 お互いの頭がくっつくほどの近距離でゴツゴツと打ち合う展開からスタート。1Rは強烈な右フックをはじめ、手数でリードしたプロボドニコフが取ったか。
 接近戦は分が悪いと判断したか、2Rからはアルバラードがフットワークを使うようになり間合いをキープ。プロボドニコフは距離を詰めたいところだが追いきれず、3Rにはアルバラードがボディ・アッパー・右フックを次々とヒット。ペースをつかみ始める。
 4Rはプロボドニコフが再び接近戦に持ち込みかけるが、5Rはアルバラードが足を使って距離を取る・・・とお互いの狙いははっきりしており、一進一退のシーソーゲームの展開。それでも全体としてはフットワークでかく乱しているアルバラードのペースか・・・と思えた6R、プロボドニコフの左を効かされたアルバラードが一瞬動きを止める。続く7Rも前進を止めないプロボドニコフが終了間際に連打を入れて優勢な印象を与え、徐々に流れが傾き始める。
 迎えた8R、プロボドニコフが左右のフックを次々と見舞い、アルバラードは2度のダウン。ここまでフットワークで捌き続けてきたが、多少被弾しても止まらないプロボドニコフの圧力についにつかまってしまう。
 9Rはさすがにプロボドニコフに攻め疲れが見えたもののアルバラードにも反撃の糸口は見えず、10Rにはプロボドニコフがまたも左右の連打。終盤でこの手数が出るか、と思わせる猛攻でアルバラードを追い込み、結局10R終了時TKO勝利でベルトを奪取。

 アルバラードといえば前戦ではあのリオスをフットワークで捌き続けて競り勝ったわけで、「プロボドニコフはリオスほどのパワーは感じないし、今回も後半にいくほどペースを握るか」とばかり思ったのだが。終わってみれば最初のリオス戦のような展開で、圧力をかけ続ける相手に根負けする形でのTKO負け。ブラッドリーからダウンを奪ってみせたプロボドニコフのプレッシャーは、やはり伊達ではなかったか。
[PR]
Commented by みゆパパ at 2013-11-23 13:15 x
アルバラードは、リオスに勝利しながらパッキャオ戦を引き寄せることもできず、地味に強い相手とやる羽目になり、そして王座陥落とまさに踏んだり蹴ったりでしたね。
Commented by nugueira at 2013-11-23 17:09
>みゆパパ様
 リオス戦はいい勝ち方だったんですけどねえ。ボクシングのマッチメイクは巡りあわせの運不運がどうしても出ちゃいますね。
Commented by なちょ at 2013-11-25 02:26 x
アルバラードはパッキャオの相手に選ばれても良かったのに一気に地の底に落ちましたね。終わり方もイメージが悪い終わり方だった。
Commented by nugueira at 2013-11-29 21:30
>なちょ様
 リオス戦Ⅰと同じような負け方で、圧力をガンガンかけてくる相手には押し負けちゃうという印象が強くなっちゃいましたね。ここで勝っていればパッキャオ戦の目が出てきてもおかしくなかったんですが。
by nugueira | 2013-11-22 23:55 | ボクシング | Comments(4)