反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

今日は歴史は動かず。されど確実に近づく、GSP時代の終焉。

 UFC167、まずはメインの感想を先に。

ジョルジュ・サンピエール○-×ジョニー・ヘンドリックス(判定)
 1R開始早々、ジョニヘンの右にGSPがカウンターのタックルでテイクダウン。しかしすぐさまスタンドへ。この後は四つの組み合いの攻防が長く続くが、ジョニヘンは腰の重さでテイクダウンを許さず、ケージに詰められても簡単に身体を入れ替える。ジョニヘンがテイクダウンを奪うが、GSPは尻餅をついた体勢からすぐにリカバリー。1Rは差をつけにくい内容だが、クリーンテイクダウンの分GSPのラウンドか。
 2Rは一転してパンチの応酬。GSPがきれいにジャブを入れているか、と思ったところでジョニヘンのパンチにGSPがスリップ。ヒザを捻ったのか足下がフラついているGSPにジョニヘンはパンチの猛攻。大ピンチを迎えるGSPだが追撃をなんとか凌ぐと、ラウンド後半は打撃で多少盛り返す。GSPはパンチのダメージ以上にヒザの具合が心配。
 3Rは前のラウンド後半からやや攻め疲れの見えるジョニヘンに、GSPが的確な打撃で攻勢。残り1分のところでジョニヘンがテイクダウンを取るが、効果的な攻めはできず。それまでスタンドで押していたGSPのラウンドだとは思うが、手数を出した割にジョニヘンにダメージの色が見えないのが気がかり。
 後半に入ればジョニヘンが一気に失速するのでは、という予想に反して4Rもジョニヘンの動きはあまり落ちない。パンチの交錯からGSPがバランスを崩すと、ジョニヘンは一気に上を取りパウンドで猛攻。ジョニヘン自らスタンドに戻した後もパンチでGSPの顔面を捉え、GSPは頬から出血。長きにわたりピンチらしいピンチをほとんど見せてこなかったGSPが、ここまで追い込まれた状態で最終ラウンドを迎えるとは誰が予想しただろうか?
 5RはGSPがスタンドで先手を取り続け、テイクダウンにも成功。ジョニヘンはさすがにペースダウンしたか、このラウンドは明確にGSPが取る。

 個人的採点では2・4Rがジョニヘンで3・5RがGSP。1Rは相当微妙だがGSPで、48-47でGSP勝利という結果。とはいえジョニヘン優勢という見方が支配的な中、ジャッジが読み上げられる。結果は2-1でGSP。薄氷を踏む勝利で10度目の防衛に成功した。

 自分の採点と結果が一致はしたものの、ツイッター上の反応を見るとジョニヘン勝利を推す声が多かった印象。確かに試合後の両者の顔を見比べると勝者にふさわしいのはジョニヘンだったとは思うが、手数を取るか分かりやすいダメージを取るかで判断が割れやすい試合内容だったのも確か。判定自体は想定の範囲内と言っていいのでは。

 とはいえ、GSPがこれほどの苦境に追い込まれたこと自体がひとつの事件。今日は歴史の転換点とはならなかったが、絶対王者にも時間の流れが残酷に忍び寄っていることを嫌というほど実感させられた。
 GSPは試合後のインタビューでしばらく戦線から離れることを示唆したが、これについては黙って動きを見守るしかない。それこそ夏のアンデウソンと同様、ファイターが明日どういう考えになっているかは本人しか分からないし、存在自体がビッグビジネスになってしまっているGSPの去就は自分だけでは決められないだろう。とはいえこのままオクタゴンを去るかどうかに関らず、GSPという一つの時代の終焉が確実に近づいていることは間違いない。

 残りの試合の感想は改めて。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2013-11-18 10:40 x
5R終了後GSPの勝利かなと思いましたし、その後議論が白熱するだろうことも想定内ではありました。

それよりも、ヌゲイラさんも仰っているとおり、GSPはこのまま下降線でしょうかね。今回なんとなく体の線が細く感じたのは気のせいでしょうか。

そして試合展開ですが、元々GSPは金網に押しつけてテイクダウンとるようなタイプじゃなかったじゃないですか。
尋常じゃない反射神経でパンチに合わせて、綺麗なタイミングで倒してコントロールするのがGSPの真骨頂だったはず。
1Rいきなりそれを見せてくれたときは、「あぁ結局今日もGSPの圧勝だな」と思ったもんでした。
それが何故かそれ以降、パンチに合わせた動きが一切なくなってしまいましたし、あそこまでパンチをもらって顔を腫らすような選手じゃないじゃないですよね。

それが、あの試合に限りどこか体に不具合を抱えていたのか、それとも衰えからくるものなのか。そこに凄くモヤモヤが残っています。
今後の展開がとても気になりますね。

そしてソネン先生。なんだその情けない負け方は・・・

そして、何よりも心配なことが。
ヌゲイラさんの今月の的中率がぁああああああ・・・
Commented by nugueira at 2013-11-23 17:06
>みゆパパ様
 私生活のトラブル説も流れてきていますが、苦戦の原因はやはり衰えだろうと思います。相性的にジョニヘンは一番やりにくい選手だったというのも大きいでしょうけど。
 的中率にまでお気遣いいただきありがとうございます。今月は辛抱の時ですね・・・。
by nugueira | 2013-11-17 21:24 | UFC | Comments(2)