反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

GROUND ZERO の予想

 16日開催の今年のシュートボクシング最大のイベント・GROUND ZERO の予想を。まず65キロトーナメント。

鈴木博昭○-×モハン・ドラゴン
 鈴木が前回KO負けしたモハン・ドラゴンにリベンジを挑む、1回戦からいきなりの大勝負。SBはやっぱりカード編成に手を抜かない。
 鈴木が前回のボーウィー戦のように上手く間合いをキープしつつ戦って判定勝利、という展開を予想。ボーウィー戦は上の階級の選手相手だから上手くいった部分もあるはずで、どこかでドラゴンとの打ち合いになっちゃう可能性は十二分にあるだろうけど。

裕樹○-×高橋誠治
 SB対MAの王者対決に続いて、こちらはRISE元王者対NJKF王者。高橋の試合は未見なのだが、裕樹得意のローキックが炸裂することを期待。

MASAYA○-×西浦“ウィッキー”聡生
 こちらの山は総合の選手が2名参戦と、「他流試合」の色が濃い組み合わせ。前回大会で日本タイトルを獲得したMASAYAとしてはMMAの選手相手に取りこぼしは避けたいところ。

小見川道大×-○小宮由紀博
 こちらもMMAの刺客として参戦する小見川。一度ぐらい投げ飛ばせば多少面白くはなるだろうけど、普通にやれば小宮が勝つか。

鈴木×-○裕樹
MASAYA×-○小宮

 続いて準決勝。鈴木はドラゴンに勝っても無傷では済まなそうなので、消耗の激しいところを裕樹にやられそう。MASAYAもキャリアを考えると小宮を相手にするのはしんどいか。SB勢が準決勝で敗退、という厳しめの予想に。

裕樹○-×小宮
 で、決勝は裕樹の勝利と予想させてもらいます。ただ本来の階級は小宮の方が上だし、比較的楽な当たりが続くことを考えると小宮優位とも言えるのだろうか。

アンディ・サワー○-×スティーブ・モクソン
 続いてワンマッチ。絶対王者・サワーはオーストラリアからの刺客を迎え撃つ。まあ問題なくクリアしてくれそう。

宍戸大樹○-×長島☆自演乙☆雄一郎
 土壇場になって注目カードが決定。最近の自演乙の試合を追えていないのだが、キャリアの終わりを見据えつつある宍戸にホームリングの意地を見せてほしい。

日菜太○-×ジョシュ・ジョンシー
 GLORYロス大会で勝利した日菜太が凱旋。アウェーで欧米人相手に勝ったことで一皮剥けたことを示してほしい。

 またBSフジで放送するのかな。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2013-11-14 23:35 | その他(立ち技系) | Comments(0)