反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

山中vsゲバラ

 ニュージーランド旅行から本日夕方に帰国しました。旅の疲れを癒す間もなく、旅行中に録画したビデオを消化。格闘技ブロガーに休息はないのだ!(胸を張って言う内容?)

 というわけでエキサイトマッチの録画を見ての感想を。

 まずローマン・ゴンザレスvsオスカル・ブランケットのフライ級10回戦。1Rからロマゴンが猛攻を見せ右クロス・左フック・左ボディが次々ヒット。なんとか持ちこたえ続けるブランケットだが1R終盤にたまらずダウンを喫すると、2R早々にロマゴンが立て続けにパンチを入れたところでレフェリーストップ。
 この手の比較に意味がないのを理解しつつ書くが、八重樫相手に判定勝負に持ち込んだブランケットをほぼ一方的に殴り続けて2ラウンドKO。世界前哨戦としては文句のつけようがない結果を出した形。ただ今までの試合に比べて細かいパンチを被弾する場面が増えている気がするので、その点は引き続き不安材料か。

 続く粟生隆寛vsエドガー・ロメリのライト級10回戦は、粟生が左ボディでロメリを下がらせると左ストレートで顔面を打ち抜きダウンを奪取。そのまま追撃の手を緩めず、最後は右でフィニッシュし1ラウンドKO。相手のレベルがよく分からないのでやや判断し辛いが、こちらも世界前哨戦できっちり結果を出してみせた。

 ホルヘ・リナレスvsフランシスコ・コントレラスのライト級10回戦は、代打出場のコントレラスがいい動きを見せ、序盤に左右のパンチをヒットさせる場面を見せる。代打出場といっても他の場所で試合が組まれていた選手を引っ張ってきたようで、この辺は手抜きせずキッチリ組んでくるのね。リナレスはスロースターターの部分もあるし大丈夫か・・・と思った1R終盤、右カウンターがクリーンヒットし、コントレラスはそのまま立ち上がれず。リナレスがお見事、という他ない鮮やかなKO勝利。やっぱりリナレスにはこのタイミングでタイトルマッチを戦わせてあげたかったなあ。

 メインはWBC世界バンタム級タイトルマッチ、山中慎介vsアルベルト・ゲバラ。ゲバラはアウトボクサーの前評判通り距離を取りながら要所要所で勢いよく飛び込みパンチを入れてくる。山中も徐々に対応はするもののどうしても左の一発狙いになってしまい、ゲバラはその左にもきっちり合わせてくる。山中は落ち着いて圧力はかけ続けているものの、序盤戦はどうも嫌な展開。
 しかし4Rに入るとボディ狙いに切り替えた山中のパンチが当たる場面が増え、そこから右ジャブ、さらには左へとつなげていく。5Rにはゲバラがブレイク後にパンチを入れ荒れた展開になってくるが(4R終了時のジャッジがあまりに王者びいきだったので、気持ちは分からなくもないが。)、流れは完全に山中。6Rに左を入れて一瞬ゲバラの動きを止めると、足も落ちてきたゲバラに対し完全にペースを掌握。気が付けば試合の焦点は山中がKOできるかどうか、という点になってくる。
 迎えた8R、ロープ際に詰めたところで山中の左がヒットしゲバラが遂にダウン(スローで見ると耳をかすめたぐらいでクリーンヒットはしていない?)。ダメージの残るゲバラになおも山中は左を浴びせ2度目のダウンを奪うと、9R早々にジャストミートの左ストレートを炸裂!完璧な一発をもらったゲバラに立ち上がる余力は残っておらず、山中が4連続となるKO防衛を達成。
 1Rを見た段階で「こりゃ判定に持ち込まれてもおかしくないかも」と思ったのだが、終わってみれば「山中強ええ!」という感想しか出てこない完勝劇。内山なんかにも共通するのだが、相手がどういうタイプで序盤がどういう展開になろうと最後には自分のペースに持ち込んでしまう強さがある。今のバンタム級だと目ぼしい相手がいないのかもしれないが、ラスベガスでの防衛戦は是非実現させてほしいなあ。

 ドネアの試合の感想は後日。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2013-11-13 11:10 x
おかえりなさい!
あちらも季節の変わり目で過ごしやすかったのではないでしょうか。
羨ましい!

レオ・サンタクルスに「こいつを倒すのは無理だ」と言わしめたゲバラをストップした山中、さすがです。
山中は一時期国内での統一戦を望む声が大きかったですけど、
やはり受けそうもないと感じたのか、
この試合後は海外でのビッグマッチを模索していきたい感じに見えましたね。
Sバンタムも視野に入れているそうなので、対戦相手含めて楽しみです。

ロマゴンは今回の試合で、井岡が受ける可能性がますます小さくなったと思いますw

リナレスも粟生も、今回は評価できるような対戦相手ではありませんでしたね。
次回に期待です。
Commented by nugueira at 2013-11-14 00:36
>みゆパパ様
 向こうはちょうど春で、天気も良くいい休暇を過ごさせてもらいました。
 亀田兄弟は勝ち目のない試合は受けないでしょうし、山中が目指すのは海外進出路線でしょうね。上手くモチベーションを維持してほしいです。
by nugueira | 2013-11-12 23:55 | ボクシング | Comments(2)