反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

川尻&菊野、UFC出陣

 川尻達也と菊野克紀がUFCと契約(菊野は本人からの正式発表はまだなんだっけ。)。日本勢に明るい話題の少なかったUFCだが、堀口の白星デビューに続いて良いニュースが。

 川尻については「遅いよ!」というのが素直な感想。それこそ宮田に一本勝ちした一昨年の大晦日から北米参戦の機運は高まっていたわけで、それから2年近くの間こなした試合がONE FCと去年の大晦日だけ、というのはあまりに寂しすぎた。DREAMへの義理とか色々事情はあったんだろうけど。
 実際問題として考えると、あの日沖ですら3連敗を喫しているUFCフェザー級戦線。王者アルドやメンデスをはじめトップ集団の強さは言うに及ばずなのだが、川尻の現状からすると「トップ集団に対戦要求して不自然でないポジション」までたどり着くのが現実的な目標だろうし、正直それも相当厳しい道のりになるだろう、という気はする。とはいえ年齢的にもこれがおそらく格闘技人生の集大成。ようやく大勝負に挑む川尻の挑戦を、しっかりと見届けたい。

 もう一方の菊野については完全に予想外。これまでも菊野の試合の感想で繰り返し書いていたのだが、今の菊野は「北米基準」とは完全に違う価値観の中で生きていて、良い悪いの議論ではなく北米進出とは交わらない世界で戦っていくんだろうな、と勝手に思い込んでいたもので。
 菊野のスタイルがUFCで通じるとはさすがに思いにくいのだが、こうなったらこうなったで「オクタゴンに立つ菊野」という完全に想像の埒外にあった光景を、素直に楽しみたい。

 日本人選手の数が増えてきたので日本大会にもいよいよ弾みが!と期待したくはなるが、今の状況を見るとさすがにそこまで安直な発想にはなれない。年明けにシンガポールやマカオで大会があるけど、この辺の「ご当地ファイター」はまだ層が薄いのでもう少し範囲を広げて「アジア枠」の選手を確保しにきた、という辺りか。とりあえずは日本人選手にとってのチャンスが拡大しているだけでも前向きに捉えておかないといけないんだろうけど。
[PR]
Commented by スラッカー at 2013-10-24 04:43 x
菊野は誰が考えても転ばされたらどうすんだ?というのがありますね

転ばされないのが空手(沖縄拳法)なんでしょうが
そうはいっても転ばされてしまうのがUFCですし

そこの対策を実は極秘に…とかだったら上にいけるんじゃないかと
Commented by みゆパパ at 2013-10-24 09:50 x
菊野は腰が重たいほうだと言われてますが、外国人選手相手でそれを発揮できるかですね。
同じ空手出身のリョートばりに防御に重きを置いた戦術をとれれば、と思いますが、菊野は攻めるほうが好きでしょうしねぇ。

五味と川尻は同じ舞台に立つこととなったわけですが、
階級も違いますしUFCでの日本人の使われ方からして、
二人が対戦する可能性は低そうですね。

なにはともわれ、岡見ショックの余韻がまだまだ残っている状況ではありますが、小さな光は見え始めているようですね!
Commented by おっさん at 2013-10-24 21:04 x
青木がこのままUFCに行かないとすれば最後のプライド系日本人のUFC挑戦になるかな。
アルバレスやトムソンとも堂々渡りあってるので、力は充分持ってると思いますが、後は適合出来るかどうか。
練習環境はどうなんだろうか。

フィジカルの強い川尻がベラスケスやコーミエみたいな金網漬け削りを習得出来れば結構勝てそうに思うんですが、広いオクタゴンで上手く自分の距離で戦えるようになるまで果たして生き残れるかどうか。
Commented by nugueira at 2013-10-25 23:43
>スラッカー様、みゆパパ様
 いや、倒される前に倒すんです!だから空手が最強なんです!(←急に菊野幻想を前面支持)
 ただ師匠がTKなだけに、そこは何かしらの対策を練っているんじゃないか、と期待したいところです。

>おっさん様
 年齢や練習環境など、不安要素は正直多いですね。これまで幾多の名勝負を見せながら要所要所で「負け役」になっていた川尻が最後に一花咲かせることを願っています。
by nugueira | 2013-10-23 23:46 | UFC | Comments(4)