反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

UFC Fight Nightの感想

 先日のブラジル大会、ネットで動画を拝見。

エリック・シウバ×-○キム・ドンヒョン(2R TKO)
 パンチを振るっていくシウバに対し、ドンヒョンはしつこく組み付いて距離を潰す。シウバは首相撲からのヒザ蹴りを打ち込むが、ドンヒョンはテイクダウンに成功するとマウントを奪取。シウバの足関節を凌いで上をキープし続けパウンドを落としていったところで1R終了。
 2Rが始まると同時にシウバが左右のパンチをヒット。さらに跳びヒザ、ヒジを打ち込んで一気に形勢逆転。ドンヒョンはひるまず前に出続けるが、シウバはパンチ、ヒザを繰り返しヒット。シウバのKOは時間の問題かと思われたが、なおも前に出続けたドンヒョンは左フックをクリーンヒット!シウバは一撃で大の字にダウンし、ドンヒョンがまさかの大逆転KO。
 フィニッシュ自体はラッキーパンチかもしれないが、ドンヒョンは最後まで前に出続けてシウバに自分のペースで試合をさせなかったのがお見事。ブラジル大会でブラジル人相手に戦う難しさは岡見の2度の敗戦が示しているわけで、今回の勝利は本当に脱帽。韓国人選手特有の負けん気の強さが最高の結果に結びついたなあ。

ホウジマール・トキーニョ○-×マイク・ピアース(1R ヒールホールド)
 開始と同時に前に出たピアースがテイクダウンを奪うが、トキーニョが下から足関節へ。ピアースが一度は立ち上がるものの、足をつかみ続けたトキーニョがそのまま潜り込むようにヒールホールドを極めて一本。
 ウェルター級初戦を秒殺で飾ったトキーニョだが、レフェリーのストップを無視してヒールホールドをかけ続けたことからリリースされる事態に。えらい厳しい処分にも思えるが、レフェリーを無視してマウントから殴り続けたら厳重処分だしなあ。再犯でもあるし、仕方ないところなのか。
[PR]
Commented by 骨骨 at 2013-10-11 22:00 x
久々のメインでやらかすピアースさん
また誰も見てないところで連勝を重ねないといけないのか‥
トキーニョに関してはローカルでもやってる常習犯なのでやむなしですね。

ドンヒョンのKOは予想外すぎて叫んでしまいました
逆にブラジルのお客が揃って絶句してて少し笑ってしまったりw
Commented by みゆパパ at 2013-10-12 09:50 x
ブラジル大会ではいまだかつてないほど、メイン終了後お通夜のように静だったですね。

アドレナリンが出まくっちゃってて、レフェリーの声も姿も消えてなくなってしまうんでしょうね。ルールありきの競技ではこういう人間はやっぱり危険ですね。

それにしてもシールズは強いんだか弱いんだかはっきりしてくれw

ヌゲイラさんの勝敗予想。今月は前途多難ですね;;
Commented by nugueira at 2013-10-14 12:51
>骨骨様、みゆパパ様
 トキーニョは残念ながら強さとは別の意味で「格闘技のリングに上がるための技術を持っていない」ということなんでしょうね。
 シールズにとっては起死回生の勝利ですが、これでタイトル戦線に絡めるかというわけでもないでしょうし、今後の扱いが難しくなった感じがします。
by nugueira | 2013-10-11 21:01 | UFC | Comments(3)