反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

シュートボクシングの感想

 BSフジで見た9月大会の感想を。

MASAYA○-×ルード(1R KO)
 開始早々MASAYAがローで攻め込むと、さらにミドルからパンチで攻勢。ルードもパンチ主体で打ち返していく。ルードがボディを入れればMASAYAもボディを入れ返し、先に下がった方が負けになるかのような真っ向からの打ち合い。残り1分を切ったところでMASAYAが押し始め、左フックから返しの右を入れてルードを下がらせる。なおも反撃するルードにMASAYAは左フックを打ち込み、ダウンしたルードはそのまま立ち上がれず。圧巻のKO劇でMASAYAがベルトを獲得。

ファイサル・ムタキ○-×小宮由紀博(判定)
 1Rはムタキがハイキックからバックスピンキックとスピーディーな猛攻。2Rは動きの落ちてきたムタキに小宮がボディ、ローで反撃。3Rは小宮も消耗が激しく泥試合になるが、序盤のポイントで逃げ切ったムタキが判定勝利。まだ粗さも目立つがなかなかいい選手。

ボーウィー・ソー・ウドムソン×-○鈴木博昭(判定)
 序盤からインローを中心に攻める鈴木がシュートポイントも奪いペースを握る。ボーウィーはミドルやボディブローで攻めるが、鈴木は前蹴りをまじえて応戦。ボーウィーは1R後半からローが効きだしたような気配。
 2Rになるとボーウィーが圧力を強めるが、鈴木は前蹴りで距離を取りつつ左フックでたびたび顔面を捉え、打ち合いでも五分の戦いを演じる。
 3Rも鈴木の左がボーウィーの顔面を捉えるが、ボーウィーは構わず前進を続けると左右のフックを荒々しく振るう。それでも鈴木は前蹴りと固いガードでクリーンヒットを許さず試合終了。シュートポイントのリードを活かした鈴木が3-0で判定勝利。
 正面衝突したらさすがに不利は免れなかったはずの鈴木だが、前蹴り中心の組み立てを最後まで貫き通してボーウィーの豪打を完封。11月には65キロの日本トーナメントが開催されるが、この戦いを徹底できればいい結果が期待できそう。同階級相手だとまた展開が違っちゃうんだろうけど。
[PR]
by nugueira | 2013-10-08 19:58 | その他(立ち技系) | Comments(0)