反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

メイウェザーvsアルバレス

 というわけでWBA・WBC世界スーパーウェルター級王座統一戦、フロイド・メイウェザーvsサウル・アルバレスの感想。

 序盤はやはりスピードに勝るメイウェザーのペース。アルバレスがパンチを振るっても既にメイウェザーは別の場所にいる、というこれまでの試合と同様の光景が繰り返される。体格に勝るアルバレスは圧力をかけていきたいところだが、メイウェザーがジャブや右クロスで先手を取り続けるので前に出ようとしても出られない状態。3Rまではメイウェザーが一方的に主導権を握り、アルバレスとしては何とかリズムを変えないとジリ貧になりそうな雰囲気。
 するとアルバレスは4Rはガード越しながら手数を増やしてパンチを当て始め、5Rにはボディブローを起点に圧力を強めて攻めにいく。いずれのラウンドもメイウェザーがクリーンヒットは許さず打ち返しているのでポイントを取れたかは微妙だが、アルバレスも腹を括って攻めにきた感じ。やはりこのままでは終わらないか。
 しかしこれでメイウェザーにも火が着いたか、6Rには前に出るアルバレスに右を入れると、7Rには右クロスをヒット!この後もメイウェザーは面白いようにジャブをアルバレスの顔面に突き刺すと、ガードの隙間をすり抜けるように右アッパー・右フックを打ち込み、アルバレスは防戦一方。遂にメイウェザーのエンジンがかかってしまったか。
 8Rはアルバレスが圧力をかけ続けながらボディを連打しようやく明確にラウンドを取るが、9R以降は再びメイウェザーのスピードに翻弄され流れをつかめず。10R終盤にワンツーを打ち込んだ場面のように、各ラウンドともアルバレスがいい形を作りかけるのだが、その後が続かない。というよりメイウェザーがすぐにスルリと切り抜けてしまうため続けさせてくれない。一方のメイウェザーも終盤はお馴染みの安全運転モードだったが、最後までアルバレスに主導権を握らせず12R終了。1人ドローという不可解判定はあったが、残り2名は4ポイント差・6ポイント差でメイウェザーが完勝。

 試合全体を通して、メイウェザーに「おみそれしました」と言うしかない戦いぶり。アルバレスも4R以降圧力を強めて攻めにいったり打つべき手は打っていたと思うのだが、それでもメイウェザーが顔色を変える場面すら作れなかった。各ラウンドとも10-9というより10-9.5ぐらいの差だったと思うが、メイウェザーがその0.5ポイントの差をきっちり守り続けた感じ。やはりこの二人の間にはまだ埋められない差が存在していたか。
 一方で、ドローにしたジャッジは極端な例としても、前に出て多少パンチを当て続ければ相手にポイントが入ってしまうケースも一定の割合で出てくるのかなあ、というのも今回の採点で何となく見えてきた。今後メイウェザーが負けるとしたら、フィジカルで上回る相手にガンガン詰められて(有効打かどうかはともかく)手数で押されまくる展開になったときなのだろうか。現状それができるボクサーが誰かと問われたら具体的な名前は出てこないんだけど。

 次戦はいつ?誰と?人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by おっさん at 2013-09-16 19:36 x
でもメイウェザーも衰えは見え始めてるように思う。
老獪さは増したかも知れないけど、以前程の動きやパンチのキレには見えない。
今回はかなり体格差もあったけど、あれだけコントロール出来たならもう少し明確な場面が作れれば良かった。
以前みたいな強烈な一発を入れる雰囲気はほとんどなくなってきたし、ロープ背負うとちょっと危ないという雰囲気も出てきたように思うね。

また無敗のまま引退すると言い始めるかも知れないが、そうでなければいずれは誰かに負ける訳で、一体いつ誰に負ける事になるんだとうか。
Commented by みゆパパ at 2013-09-16 23:56 x
悉く予想の遥か上を行くメイウェザーに対しては何も言うことはないです。
前記事でもコメントさせていただいておりますが、体格差を有効に使えること、カネロのスピードもバカにできないこと、などからかなり期待していました。事実当日の体重差は7kgくらいあったかと思いますが、それを全く問題にしていませんでした。
タッチボクシングという揶揄もあったりしますが、そんなパンチでもやはりキレがあるからでしょう、カネロの前進を止めるには十分な威力があるという証拠かと思います。

メイウェザーの場合、勝つことが第一優先の命題であり、かつKO勝ちを求められていない立場ですから、やはりパッキャオとは立場が違うかなと思い知らされますね。

ガルシア、マティセ、カーン(GBPのシェイファーはカーンとやらせたいみたいですね)あたりが今後の候補でしょうか。
さて、メイを追い込めるイメージが全く思いつきません。
今回の完勝劇のせいで、今後のメイの試合の観客動員数、PPV契約数が減少していくんじゃないかと、いらぬ心配をしています。
Commented by tarou at 2013-09-17 03:19 x
メイウェザー素晴らしかったですね ここ数年では最も良いパフォーマンスだったと思います

数試合メイは全盛期を過ぎたのか、と思える試合が続いていましたが、やはり最高の対戦相手を迎えて、期するものがあったのでしょうか
ガッティ、コラレス、ヌドゥ戦を思い出すような体のキレでした もはや対戦相手が見当たりませんね

カネロはまだ戦うのが早かったか これからに期待します
Commented by ユウツギ at 2013-09-17 04:05 x
僕はまだパッキャオに期待している!
Commented by nugueira at 2013-09-18 23:09
>おっさん様
 自分としてはメイウェザーの衰えは織り込み済みで、逆に伸び盛りのアルバレス相手にここ最近の中では一番の試合をやってのけたことに驚きました。契約はあと4試合だったかと思いますが、無敗のままクリアしそうな気もしてきます。

>みゆパパ様
 スーパーライトから上げてきた選手だとメイウェザーに圧力をかけきれないと思うんですが、知名度的には確かにこの辺から引っ張ってくるしかないんですよね。

>tarou様
 アルバレスも期待を裏切らないパフォーマンスではあったと思います。初黒星は喫しましたが、ここからの撒き返しを実現させてほしいですね。

>ユウツギ様
 私も書きながら「パッキャオの圧力なら・・・」という考えが頭をよぎりました。まずは11月のリオス戦で完全復活を見せてほしいです。
by nugueira | 2013-09-16 17:14 | ボクシング | Comments(5)