反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

エストラーダvsメリンド

 エキサイトマッチを視聴。まずはゾウ・シミンvsヘスス・オルテガ。
 プロ2戦目となるシミン、1Rから出入りの速さと回転力で優勢。プロデビュー戦で見せていたハメドスタイルはさすがにやめたか。3Rに入るとシミンが回転を上げて一気に押し込むが、シミンもそれなりに被弾しているし空振りも多いのが気になる。
 相手のオルテガもそれなりに頑張っているのだがさすがにシミンの回転力に対抗できず、4Rにはクリーンヒットをもらう回数が増えてくる。一方のシミンも力任せというか手数任せというか、金メダリストにしては荒っぽい試合運び。
 5R以降はシミンの手数もやや落ち始めたものの、大差の判定でシミンが勝利。ただアグレッシブに押しまくったもののダウンは奪うことができず、この前の井上と同じで相手の健闘の方が目だってしまった感じ。この辺りは軽量級であることも考慮しないといけないのかもしれないけど。

 続いてWBA・WBO世界フライ級タイトルマッチ、ファン・フランシスコ・エストラーダvsミラン・メリンド。
 1Rは途中までエストラーダが先手を取り続けるものの、終盤にメリンドの左フックが入りエストラーダが一瞬腰を落とす。エストラーダも2Rはボディから上へのコンビネーションで反撃、といい試合になってくる。3Rに入るとエストラーダがメリンドの距離を上手く外していなし始めるが、それでもメリンドが所々で印象の強いパンチを入れてくる。全体としてペースを作っているのはエストラーダなのだが、手数のエストラーダ、一発のメリンドという競った展開で前半戦が終了。
 しかし8Rに近距離での打ち合いになると、最初はロープを背負っていたエストラーダが手数でメリンドを押し返す。これで流れが一気に傾いたか、完全にエストラーダのペースに。こうなるとKO狙いでガムシャラに攻めるしかないメリンドだがエストラーダを崩すことはできず、逆に終盤はミランドがガス欠の状態に。11Rにはエストラーダがカウンターの左でダウンを奪うと、12Rもダウン寸前までメリンドを追い込む一方的な展開となり、大差の判定でエストラーダが勝利。
 両者ともに積極的に打っていくスタイルだったが、丁寧に左を突くところといい間合いの取り方といい、試合の組み立て方でエストラーダが完全に上回っていた感じ。この階級だと今後日本勢との絡みもありうるだろうけど、エストラーダを切り崩すのは簡単じゃなさそう。
[PR]
Commented by なちょ at 2013-09-03 23:13 x
ゾウ・シミンは持ってませんねー、ジョー小泉の指摘通り右が下手すぎる。あのオープンブローはアマチュアで減点にならなかったのかな。
他にもディフェンスを捨てて打ち合いに行っても大きなダメージを与えられないなどスタイルの再考が必要だと思いました。あと会場もガラガラだったりで色々ガッカリしました。

エストラーダのボディいいですね、そこからのコンビネーションもグッド。後半自力の差を見せてエストラーダの完勝でしたが面白い試合でした。エスタラーダは個人的に好みです。階級が上だけどナルバエスと見たい。マルケスやコンセプションにレッスンするのも見たいな。日本人とどれ位差があるのかも見てみたい。
Commented by nugueira at 2013-09-04 08:14
>なちょ様
 ゾウ・シミン、対戦相手のレベルからしても「派手に勝たせて実績積ませよう」という意図が見えるんですが、なかなか狙い通りに行っていない感じですね。スタイルはまだ試行錯誤の段階なのかもしれませんが。
by nugueira | 2013-08-31 23:55 | ボクシング | Comments(2)