反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

UFC Fight Night 26の感想

 日曜のUFN、結局FOXbsは契約しなかったので当日はツイッターで結果だけ追ってました。メインとセミについて、ネットで動画を見ての感想を。

アリスター・オーフレイム×-○トラヴィス・ブラウン(1R TKO)
 開始と同時にアリスターがラッシュでブラウンをケージ際に詰める。ブラウンの跳びヒザをかわすと、ヒザ蹴り・パウンドの嵐でブラウンを一方的に攻め続けるアリスター。このままKOへ持っていく得意の展開のはずだが、攻め疲れかアリスターが突然失速。ブラウンはアリスターを振り払って距離をとると、前蹴りを次々とヒットさせていく。アリスターは序盤の圧力が完全にどこかへ行ってしまった感じ。しばらく映像が乱れた後で画面が正常に戻ると、ブラウンがまたも前蹴り連打。最後はアゴに前蹴りを食らったアリスターが仰向けにダウンし、ブラウンが追撃のパウンドを入れたところでストップ。
 アリスターはPRIDE時代に戻ったかのような分かりやす過ぎる失速劇。ドーピングによる出場停止が空けた後は2連敗なわけで、もうさすがに言い訳は効かないか。レスナー戦の貯金も使い果たし、商品価値は下落しきった形となったアリスター。いまさらだが、幻想が残っていた去年のうちにドス・サントス戦を実現しておいて欲しかった・・・。

マウリシオ・ショーグン×-○チェール・ソネン(1R ギロチンチョーク)
 開始早々、ソネンが猛然とタックルに行きテイクダウン。立ち上がったショーグンが組み合いからの投げで一度テイクダウンを取るものの、今度はソネンが投げでテイクダウンを奪い返す。この後はソネンが得意のトップキープからのパウンド連打でショーグンを一方的に攻め立てる。残り1分を切ってショーグンがもぐりスイープを狙ったところで、ソネンがすかさずギロチンの体勢へ移行。そのまま一気に絞り上げ、ショーグンがタップ。ソネンが圧勝という以外に言いようがない試合内容で元王者ショーグンを破った。
 試合前は「ショーグンが最近パッとしないといっても、ライトヘビーじゃソネン勝てないでしょ?」と思っていたのだが、もう参りましたと言うしかない結果。タップの後に座りこんだままうなだれ続けるショーグンの姿が余りにも印象的だった。
 試合後のマイクではヴァンダレイに対戦要求したソネン。ジョーンズに敗れたばかりなので当分タイトル挑戦はないにしても、これでソネン絡みで見てみたいカードが一気に増えたのは確か。セミ・メインともに日本に馴染みの選手が負けてしまう結果となったが、今後の面白いストーリーができたという意味でUFCにとって悪くない展開だったとも言えるか。
[PR]
Commented by みゆパパ at 2013-08-21 09:59 x
どこの格闘技系ブログでもアンチが大喜びしてますね。
私はアリスターに対しては、どちらかというとアンチなんですが、
試合観てて失笑しか出ませんでした。

ソネンは本当に親孝行ですよねぇ。
vsアンデウソン3でも十分客呼べそうですよね。
こうなったらヴァンダレイ、ビクトーと撃破して実現させてほしいところです。

それにしても岡見の出場するUFNは平日なんですよねぇ。
ネットだとさすがに録画できないですからね。
会社休むかw

Commented by おっさん at 2013-08-22 23:28 x
ドスサントス戦はやっても無駄だったでしょう。
ドスサントスはミアやファブリシオにも格の差を見せ付けるように圧勝してますし、ブラウンやゴリラと互角以下なら勝ち目は全くないと思います。
まあどうせ負けるならドスサントスやベラスケスに負けた方が、試合前の盛り上がりは作れたとは思いますが。

アリスターもリングス出身でキャリアは超ベテランの域だし、UFCのトップ戦線はちょっと厳しいかも知れないですね。
ショーグンにもそういうものを感じる。
Commented by nugueira at 2013-08-23 23:55
>みゆパパ様
 ソネンは商品価値キープしてますよねえ。ヴァンダレイ戦は何か微妙な雲行きになってますが、ぜひ実現してほしいです。

>おっさん様
 私もドス・サントスに勝てるとは思っていなかったですが、幻想を壊すならもっと強い選手に壊してほしかった、というのが率直な感想です。もう期待する要素は完全にゼロになっちゃいましたねえ。
by nugueira | 2013-08-20 23:57 | UFC | Comments(3)