反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

堀口vs石渡

 堀口恭司の試合映像をチェックしようシリーズ、いよいよVTJ2ndの石渡伸太郎戦を視聴。

堀口恭司○―×石渡伸太郎(5R TKO)
 1R、堀口が得意の鋭い飛び込みからのパンチ。しかし石渡がカウンターの右を入れ堀口がダウン!石渡はすぐさまバックを奪いスリーパーを極めようとするが、堀口はこの大ピンチを何とか脱出。この後は石渡が組み付いてしつこく堀口をテイクダウンし上をキープ。堀口は劣勢を強いられるが、要所要所でスタンドに戻すと鋭いミドルやパンチを打ち込んでいく。気を抜けば攻守が入れ替わる緊張感満点の展開で1R終了。
 2Rは開始早々に堀口がミドルからパンチ連打で石渡を押し込む!しかし石渡は足を止めての打ち合いに応じ、額から流血しながらも逆に堀口を下がらせる。堀口がテイクダウンからチョークを狙えば、石渡も堀口のパンチにタックルを合わせテイクダウン。こいつらポイントアウトする気はさらさらないな、という全力での削り合いが続く。
 3Rも堀口が鋭い踏み込みからのワンツー。さらに組み付いて石渡にしりもちをつかせた状態でケージへ押し込む。石渡も一方的な展開にはさせず堀口をケージに押し込む場面を作るが、スタンドでは徐々に堀口が押し始めているか。ラウンド終盤には右のパンチで石渡を下がらせた堀口がバックを奪い、スリーパーを極めかけたところで終了。
 4R、ここまでと同様にスタンドは堀口が先手を取る。石渡もひるまず圧力をかけ、ケージ際の攻防へ。尻を着いた状態でめまぐるしく上下が入れ替わるが、石渡が払い腰のように堀口を投げて上をキープ。さすがに両者消耗が激しく、打撃の精度もやや落ちてきた印象。ラウンド終了時に堀口が両手を上げたポーズを取るが、ゴン格のインタビューによると試合終了と勘違いしていたらしい。
 迎えた最終R、堀口の右がアゴを捉え、石渡が足元をもつれさせるように後退。堀口は最後のチャンスを逃すまいと猛攻を仕掛ける。一度は立ち上がる石渡だが力なくパンチを振り回すことしかできず、堀口が石渡の意識を断ち切るようにパンチを打ち込んだところでレフェリーが割って入る。歴史に残る熱闘に自らの拳で終止符を打った。

 当然結果と大まかな展開は知ったうえで見たのだが、それでもなお「凄いものを見てしまった」と思わせる一戦。試合全体で一体いくつの山場があったんだ。下馬評をひっくり返してここまでもつれた試合に持ち込んだ石渡も凄いし、最後の最後に文句をつける余地がない形で決着をつけた堀口もお見事。

 「北米を目指す堀口」という視点からみれば今回の試合はもう少しスマートにクリアしておくべき相手だったし、「こんな試合してたら選手寿命縮めるだけだよ」というツッコミもある程度的を射ていると思う。それでもなお、「見ていて魂を揺さぶられ、血がたぎる」という格闘技の醍醐味が極限まで凝縮された試合であった、と最大級の賛辞を送りたい。これをライブ、特に会場で見た人は勝ち組だよなあ。
[PR]
Commented by gsp at 2013-08-10 18:38 x
本当にすごい試合でしたね。ただ、直線的な動きだけだと、こないだのエレンバーガーのように研究されちゃうと完封されちゃうと思うので、飛び込みからのパンチ以外の攻めの手段を増やしていかないと世界的な強豪とは渡り合えないんじゃないかとも思っています。
彼なら寂しくなってきた日本の格闘技界を盛り上げてくれると思っているので本当にがんばってほしいです。
Commented by みゆパパ at 2013-08-11 09:38 x
堀口の他の試合は観たことあるのですが、この試合の映像はそういえば観ていませんでした。

ヌゲイラさんの文章だけ拝見していて思い出したのが、福田力が桜井隆多相手に繰り広げた死闘です。
福田もUFC参戦が決まったときは、もしかしてと期待したものです。
Commented by nugueira at 2013-08-14 22:46
>gsp様
 確かに今回も石渡にカウンターを合わされてましたから、攻め方のバリエーションを増やす必要はあるでしょうね。まだまだ伸びしろがある選手なので、この辺も克服してくれると期待してます。

>みゆパパ様
 その福田もこういう結果ですから、UFCの壁は高いですよね。軽量級はまだ割り込む余地があるはずだ、と信じたいのですが。
by nugueira | 2013-08-10 17:18 | その他(総合・寝技系) | Comments(3)