反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

Bellator 97の感想

 先週のベラトール、メインのライト級タイトルマッチだけ動画を拝見。

マイケル・チャンドラー○-×デヴィッド・リッケルス(1R TKO)
 開始からローと前蹴りで攻めていくリッケルスに、チャンドラーは蹴り足をつかみながらのパンチなどで応戦。30秒を過ぎたあたりで、リッケルスがケージを背負った状態で打ち合いに。チャンドラーの右がヒットしリッケルスはヒザを着くようにダウン。リッケルスはすぐさま立ち上がろうとするが、チャンドラーは攻め所を見逃さず追撃のパンチ連打。仰向けに倒れたリッケルスにパウンドを叩き込み試合終了。わずか44秒、チャンドラーが圧倒的なKO劇でタイトル防衛。

 なんかもう、「強さの次元が違う」という以外に言葉が見つからないぐらいの勝ち方。リッケルスの出来がどうこうの問題ではなく、今のチャンドラーと戦うと大概の選手はこうなる、ということなんだと思う。前回の防衛戦もそうだけど、戦い方に自信が満ち溢れていて、勝負どころをものにする決定力がケタ違いに研ぎ澄まされている。
 勝敗予想の段階でも書いたけど、こうなると今後の相手探しにも苦労しそう(ベラトールはトーナメント優勝者がタイトルに挑戦するから「挑戦者」は自動的に決まるけど、実力的な意味でね。)。ちょっと前のメレンデスと同じで「さっさとUFCに行けばいいのに」状態になっちゃうのかな。
 もっともベラトールもランペイジとティトを引っ張ってくるぐらい資金は潤沢になっているようだから、待遇面を理由にズッファに引っ張られるおそれは今のところないのかもしれないけど。

 ランペイジvsティトについてはまた今度書くかも。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by kkj at 2013-08-09 06:07 x
チャンドラーが世界一だと思いますまじで
Commented by nugueira at 2013-08-09 23:30
>kki様
 他団体王者がUFCで苦戦しているのを散々見てきてはいるんですが、それでも幻想が沸いてしまいますね。現時点では全階級通じて非UFC最強と言って間違いないと思います。
by nugueira | 2013-08-05 23:56 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)