反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ピーターソンvsマティセ

 録画していたエキサイトマッチを見たので、その感想を。

 まずはウェルター級12回戦、デボン・アレキサンダーvsリー・パーディ。本来IBFのタイトルマッチのはずがパーディの計量オーバーによりノンタイトルに。
 試合は1ラウンドからアレキサンダーがボディへつなげる的確なコンビネーションで優勢。パーディは計量失敗でコンディションもイマイチな感じ。
 2Rにはアレキサンダーのアッパーがきれいにヒットする一方、パーディは調子が上がらず。これ以降もアレキサンダーのパンチが次々とパーディの顔面・ボディを捉えていき、あまり見るべき点のない展開に。
 アレキサンダーにはさっさとフィニッシュしてほしい流れだったが、この後はほぼガードを固めているだけのパーディをアレキサンダーがKOできない展開になり、結局7R終了時にレフェリーストップがかかりアレキサンダーがTKO勝利。相手がどうしようもなさすぎて何とも言い難い試合。

 続いて今回の放送のメインであるレイモント・ピーターソンvsルーカス・マティセ。WBC暫定王者のマティセがIBF正規王者と対戦、というのは珍しい状況なのか?
 1Rはピーターソンが上手くマティセの距離を外しながら遠い間合いで試合を展開。ポイントを取ったかどうかはともかく、自分のプランで試合をしていた感じ。
 しかし2Rに入るとマティセが距離を詰める場面が増え、左フックをもらったピーターソンがダウン!やはりマティセは一発の威力がケタ違いか。
 これで完全にペースを握ったマティセは3Rに相打ち気味のタイミングでまたも左フックを入れ、ピーターソンが大の字にダウン。レフェリーが続行してしまうものの事実上このダウンで勝負ありで、追撃のパンチでダウンを重ねたマティセがTKO勝利。終わってみれば今回も一発で試合の流れをひっくり返した。
 前回の試合もそうだが、マティセの相手はいつも距離を外そうとしてくるのに、気づくとマティセの間合いになってしまうのが不思議。強豪揃いのスーパーライト級、やはりキーパーソンはこの男か。繰り返しになるがブローナーもスーパーライト級で戦ってくれればいいのに。

 最後はWBOライト級タイトルマッチ、リッキー・バーンズvsホセ・ゴンザレス。
 左ジャブを差してくるバーンズに、ゴンザレスは1R中盤から強烈な右を出してバーンズの手数を止まらせる。
 2Rも左のリードジャブを出すバーンズにゴンザレスは右のパンチを強振という展開になるが、3Rにはサウスポーに切り替えたゴンザレスがジャブからワンツーをヒット。するとここからゴンザレスが手数を増やし、徐々にペースを握ってくる。5Rにはゴンザレスがカウンターの右を入れ、下がったバーンズをロープ際に詰めて連打。
 ゴンザレスはスウェーバックでパンチをよけて、逆にバーンズのガードの間にねじこむような強烈なパンチ、という戦法で完全にリズムに乗ってくる。7Rにはゴンザレスが右クロスをヒットさせ、ここからゴンザレスが猛ラッシュ。バーンズはガードをガッチリ固めてなんとかダウンは免れる。
 しかしここの猛攻でスタミナを使い切ってしまったのか、ゴンザレスは7R終盤から手数がいきなり減ってしまい、たまに出すパンチも大振りに。8・9Rはバーンズが盛り返し、また流れが変わってくる。
 10R開始に遂にゴンザレスがコーナーから立ち上がれなくなり、試合続行不能によりバーンズが防衛。ゴンザレスは攻め疲れとはいえ大したダメージは負っていたようには見えなかったけど。目前の勝利を逃したなんとももったいない試合だけど、初の海外での試合がアウェーの世界タイトルマッチということで、コンディション調整とか色々と難しかったのかな。

 来週は休み。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2013-06-30 11:25 x
最近タイトルマッチでの計量失敗がやたら続いてるんですよね。
ベルトの価値がなくなってきてることの象徴かと思いますけど、
今日試合予定だったグスマンなんて8ポンドオーバーとか、舐めてるとしか思えない奴も出てきましたからね。

発表間近と言われていた、マティセ×ガルシアですが、雲行きが怪しくなってきているようですね。前戦だけを比較するとガルシアが避けてきてると思われちゃうでしょうねぇ。楽しみだったのに・・
Commented by nugueira at 2013-07-03 08:33
>みゆパパ様
 マティセvsガルシアは是非やってほしいんですけどねえ。強い奴が2人いても必ずしも戦ってくれないのがボクシングの難しいところですね。
by nugueira | 2013-06-25 23:31 | ボクシング | Comments(2)