反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

菊野vs中尾

 先日のDEEP CAGE、ツイッター上でも話題になった菊野の試合動画を拝見。

菊野克紀○-×中尾受太郎(1R TKO)
 両手を下げた独特の構えの菊野は三日月蹴りと鋭い踏み込みからのパンチ連打。菊野がジリジリと圧力をかけていく展開の中、中尾が踏み込んだところに左フック一撃。崩れ落ちた中尾に踏みつけ(ルール上OKなのね)を入れたところで勝負あり。わずか67秒で菊野がKO勝利。
 色々と議論をよんだ伊藤戦をカウントするかという問題はあれど、これで菊野は3試合連続で事実上の一撃KO。対戦相手のレベルも勘案する必要があるし、このスタイルが北米にも通用するはず!かというとおそらく違う。とはいえこれはもう、ガラパゴス化とかそういう言葉に収まらない「一つの進化形」になっちゃってるなあ。前にも書いたとおり菊野は北米進出やDEEPタイトルといった分かりやすい目標設定が見えてこない微妙な状況ではあるのだが、それはそれとして次の試合も必ず見たい、と思わせる存在になっていることは確か。
[PR]
Commented by pretty侍 at 2013-06-28 20:30 x
菊野はMMAでしっかり空手で勝つのが良いですよね。
グラップリングを強化すればリョートみたいに…いや、歳か。
Commented by みゆパパ at 2013-06-28 23:26 x
今のUFC(ケージ)が主流のMMA(敢えて近代MMAと呼ばせていただきたいです)で、一昔前のMMAではよくあったかもしれませんが、幻想を抱かせてくれる選手ですよね。

ヌゲイラさんが仰ってるとおり、近代MMAで通用するかというと疑問ですが、まさに面白いと思わせてくれる貴重な存在ですよね。

DEEPは、こういう路線で選手を発掘してくるのもいいかもしれませんね。
Commented by nugueira at 2013-06-29 23:48
>pretty侍様
 そのグラップリング強化ができるかどうか・・・。下手にその辺のスキルを覚えると今の長所が発揮できなくなりそうな気もします。

>みゆパパ様
 ある意味、非北米のローカルプロモーションが生き残っていく方策の一つかなあ・・・などとも思いました。こういう選手は探してみつかるものでもないんでしょうけど。
by nugueira | 2013-06-24 23:14 | その他(総合・寝技系) | Comments(3)