反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

Krush.29の予想

 日曜のKrushの予想を。とはいえメインのISKAトーナメントは4人とも最近の試合を追えていないので(まあKrush全般がそうなんだけど)、前座の1試合だけ。

HIROYA○-×NOMAN
 NOMANは新宿FACE大会の試合映像を見たけど、やや粗さが目立つ印象。一方のHIROYAも最近の試合映像は東本戦のKO負けぐらいしか見ていないのでイマイチいい印象がないのだが、戦績的には持ち直してきている感じ。丁寧に戦えばこのぐらいの相手は退けられるかな、という気がする。

 今月はつまみ食い予想が多め。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2013-06-14 22:22 x
HIROYAは、確かに非凡な才能は持っていたのかもしれないですけど、
結局頂点に立てるほどのものはなかったということでしょうか。

TBSと当時のK-1は新しいヒーローとしてHIROYAを担ぎだしたわけですが、上述のHIROYAの実力もあって思惑どおりには行かず、
結果としてK-1MAXに新たな日本人のヒーローを出現させることもできず衰退していったということでしょうか。

HIROYAはそういう意味で犠牲者ですよね。多分彼は純粋に格闘技が好きでのめり込んでいただけではないでしょうか。
そして安易にブームを作りたがるテレビ局、そしてそれに追随して衰退していったK-1には大きな罪が残っていると思います。
Commented by nugueira at 2013-06-16 09:48
>みゆパパ様
 当時15や16だったHIROYAに「お前も分かってて地上波に乗っかったんだろう」とは言えませんしね。HIROYAが地上波格闘技の犠牲者であることは間違いないですし、梯子を外された今も頑張り続けていることには敬意を表したいです。
by nugueira | 2013-06-13 23:18 | Krush | Comments(2)