反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

内山強し

 ゴールデンウイークのトリを飾るボクシングダブル世界戦をテレビ観戦。

 まずWBA世界スーパー・フライ級王座統一戦、河野公平vsリボリオ・ソリス。1Rからソリスがリズミカルな連打を繰り出し攻勢。2ラウンドも手数で河野を押し込んでいくが、近距離の打ち合いで河野の右がヒットしソリスがダウン。河野はピンチから一転、一撃で形成をひっくり返す。
 しかしダウン後も勢いの落ちないソリスは、3・4Rと再び河野を圧倒。河野のボディも入っているしどこかでソリスのペースが落ちそうな気もするが、それまで河野が持ってくれるか…と思っていたら5Rに入りソリスがいきなり失速。動きがガクッと落ちて下がる場面が目立つようになり、4Rまでとは別人のようになる。5~7Rは河野が盛り返した印象。
 このままガス欠のソリスを河野が押し切るか…と思った8R、ソリスが息を吹き返したかのように再び左右の連打を振るい、左フックを食らった河野が痛恨のダウン。しかし立ち上がった後は河野もきっちり反撃してラウンド終了。ここまではポイントも五分の印象、残り4Rが勝負か。
 ソリスはダウンを奪って余裕を取り戻したのか、9Rからは一転して足を使ったアウトボクシングを展開。河野は前進しながらボディを起点に攻撃し、ソリスも要所要所でいいパンチを振るっていくという展開。
 後半4Rは競ってはいたものの前に出ていたのは河野で、ソリスは下がっていたのに加えてホールドも多く印象を悪くしている感じ。個人的採点では後半4Rは河野で、10Rにバッティングの減点があったので3ポイント差で河野。ただ微妙なラウンドが2つあったからどう転んでもおかしくないか…と思い判定を聞くが、ジャッジは2-0でソリス。河野の圧力以上にソリスの有効打の方が評価されていたということか。河野はいい試合を見せただけに残念。まあかなり河野寄りの採点をしていたことは確かで、ジャッジがホームタウンディシジョンに振り回されずいい採点をしていたということなんだろうけど。

 続いてWBA世界スーパー・フェザー級タイトルマッチ、内山高志vsハイデル・パーラ。パーラはロレンソ・パーラの弟なのね。
 データを見るとリーチでは劣っているはずのパーラだが伸びのあるジャブを繰り出し、逆に内山の方が自分の距離をつかみきれていない印象。パーラのパンチで顔が跳ね上がる場面が目立ち、個人的採点では1~3Rはパーラ。もっとも内山はジャブ以外の有効打はあまりもらっておらず、2Rから徐々に距離が合っていたので内山に厳しい採点かもしれないが。
 迎えた4R、だんだんタイミングを合わせてきた内山は遂に右ストレートから連打を浴びせ、パーラはよろめくように後退。内山はダウンこそ取れなかったものの、一気に流れを引き寄せる。
 KOの期待が高まる5R、内山は焦ることなくじっくり距離を詰めていく。パーラは前のラウンドまでとは一転して距離を取りダメージの回復を待とうとするが、逃げ切れず接近戦へ。ローブローによる中断の後、内山の左ボディーがヒット。パーラはうずくまるように倒れこんだ後、仰向けになったまま起き上がることができず10カウント。内山が衝撃の一撃KOで7度目の防衛に成功。
 出だしを見てパーラは厄介な相手に見えたものの、終わってみれば難なくKO防衛。連打で仕留めた大晦日からは一転してワンパンチフィニッシュと、勝ち方のパターンをどんどん広げている感じ。試合後は解説席の三浦とやりとりをしていたけど、正直三浦は対戦要求するにはもう少し結果を出さないと駄目だよな。さっさとガンボアに出てきてほしいのだが階級を変更したようで、ビッグマッチの相手がすぐには見つかりそうにないのが何とも残念。
[PR]
Commented by みゆパパ at 2013-05-08 09:35 x
まず始めにお断りしなければなりませんが、私は某一家が大嫌いです。
理由はボクシングをスポーツあるいは格闘技というジャンルから、三流ショーに貶めたと思っているからです。
今回の河野選手の試合で115-111でソリスにつけていたジャッジがいますが、そのジャッジは長男-デラモラの試合でもジャッジを務めています。
明確な河野選手の勝ちだったかと言われると決してそんなことはないんでしょうけど、どうしても穿った見方をしてしまいます。

内山選手の試合はまさに驚愕でした。
4Rも右の返しでボディに入れてて、それが効いてのラッシュでした。
バーラはジャブの際体全体が伸びあがるようにして打っていたので、確かに目測以上に伸びてくるのがいやらしくはあったんでしょうけど、軽いパンチだったので内山選手も焦ることなく対処できてたんではないかと見てました。
世界戦での10カウント久しぶりに聞いて爽快でしたね。

ガンボア戦は実現しそうもないので、防衛記録とか4団体統一あたりを目指していくんでしょうかね。
Commented by J.V.N at 2013-05-08 09:48 x
内山選手の強さは際立ってますね!強打もさることながら、堅実なテクニックがありますからね。相手のジャブと動きが厄介だと思ったら瞬時に切り替えて、逆にジャブで打ち勝ってましたからね。他団体統一戦に期待します!
Commented by tarou at 2013-05-08 19:33 x
内山はちょくちょくパンチをもらってたのが気になりましたが、地力が違いましたね。それにしても世界戦で引き分け挟んで全てKO勝ちは凄いですね。
ガンボアとのビッグマッチの実現を期待したいですが、無理でしょうね。現在は階級違いますがリナレスとの試合がみたいです。三浦はまだ内山と試合する資格はないと思います…。
Commented by マラビージャ at 2013-05-09 23:34 x
強豪との対戦という意味では、魅力的なカードがほぼ無くなってしまいましたね。今が一番いい時期だと思うので勿体ないです。フェザー級の強豪がS・フェザー級に参戦してくれればいいんですが。
Commented by nugueira at 2013-05-12 18:03
>コメントいただいた皆様
 レスが遅くなり恐縮です。試合後の記事なんかを見ていると、陣営もビッグマッチよりは防衛回数記録を狙っていくんですかね。こうなったら他団体王者狩りなんかに挑戦してほしい気もしますが。
by nugueira | 2013-05-07 23:55 | ボクシング | Comments(5)