反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

勝手に制定・UFCランキング

 約1カ月ぶりの更新。4月の4大会の結果を反映。

○ヘビー級
王者:ケイン・ヴェラスケス
1位:アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
2位:ロイ・ネルソン(↑)
3位:ジュニオール・ドス・サントス(↓)
4位:ダニエル・コーミエ(↑)
5位:フランク・ミア(↓)
6位:マーク・ハント(↓)
7位:ファブリシオ・ヴェウドゥム(↓)
8位:シェーン・カーウィン(↓)
9位:トラヴィス・ブラウン(↑)
10位:ガブリエル・ゴンザガ(↓)
11位:シーク・コンゴ(↓)
12位:ベン・ロズウェル(↓)
13位:ブレンダン・シャウブ(↓)
14位:アントニオ・シウバ(↓)
15位:ステファン・ストルーブ(↓)
※ミアに勝利したコーミエがランクイン。コンゴに勝利したネルソン、ゴンザガに勝利したブラウンがランクアップ。

○ライトヘビー級
王者:ジョン・ジョーンズ
1位:アレクサンダー・グスタフソン
2位:アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ
3位:リョート・マチダ
4位:マウリシオ・ショーグン
5位:ラシャド・エヴァンス
6位:ライアン・ベイダー
7位:ダン・ヘンダーソン
8位:フォレスト・グリフィン
9位:フィル・デイビス(↑)
10位:グローバー・テイシェイラ(↓)
11位:ヴァンダレイ・シウバ
※マガリャエスに勝利したデイビスがランクアップ。

○ミドル級
王者:アンデウソン・シウバ
1位:ヴィトー・ベウフォート
2位:マイケル・ビスピン(↑)
3位:岡見勇信(↓)
4位:クリス・ワイドマン(↓)
5位:マーク・ムニョス
6位:コンスタンティン・コスタ・フィリッポウ
7位:ティム・ボーシュ
8位:カン・リー(↑)
9位:リッチ・フランクリン(↑)
10位:ブライアン・スタン(↑)
11位:アラン・ベルチャー
12位:ヘクター・ロンバード(↑)
13位:デレク・ブランソン(↑)
14位:フランシス・カーモント(↑)
※ベルチャーに勝利したビスピンがランクアップ。ラーキンに勝利しUFC5連勝のカーモントがランクイン。ソネンはライトヘビー級転向とみなしランク外へ。

○ウェルター級
王者:ジョルジュ・サンピエール
1位:ジョニー・ヘンドリックス
2位:デミアン・マイア
3位:ジェイク・エレンバーガー
4位:カーロス・コンディット
5位:マーティン・カンプマン
6位:リック・ストーリー
7位:ロビー・ローラー
8位:ジョシュ・コスチェック
9位:ローリー・マクドナルド
10位:エリック・シウバ
11位:カイル・ノーク
12位:キム・ドンヒョン
13位:マット・ブラウン(↑)
14位:チアゴ・アウベス(↓)
※メインに勝利し5連勝のブラウンがランクイン。

○ライト級
王者:ベン・ヘンダーソン
1位:ハファエル・ドス・アンジョス
2位:アンソニー・ペティス
3位:ドナルド・セラーニ
4位:グレイ・メイナード
5位:ジョシュ・トムソン(↑)
6位:パット・ヒーリー(↑)
7位:ネイト・ディアズ(↓)
8位:ジム・ミラー(↓)
9位:グレイソン・チバウ(↓)
10位:ジェイミー・ヴァーナー(↓)
11位:エジソン・バルボーザ(↓)
12位:ジョー・ローゾン(↓)
13位:ハビブ・ヌルマゴメドフ(↓)
14位:ロス・ピアソン
15位:エヴァン・ダナム(↓)
※ネイトに勝利したトムソン、ミラーに勝利したヒーリーがランクイン。順位と最近の戦績を考慮しギラードがランク外へ。ピアソンはクートゥアーに勝利したものの新規ランクインが2名いるため順位は変わらず。

○フェザー級
王者:ジョゼ・アルド
1位:ヒカルド・ラマス
2位:ジョン・チャンソン
3位:カブ・スワンソン
4位:クレイ・グイダ
5位:ダスティン・ポワリエ
6位:日沖発
7位:デニス・シヴァー
8位:チャド・メンデス(↑)
9位:ハニ・ヤヒーラ(↓)
10位:ニック・レンツ(↓)
11位:エディ・ヤギン(↑)
12位:ダレン・エルキンス(↑)
※エルキンスに勝利したメンデスがランクアップ。3連敗のパラジェンスキーがランク外へ。パラジェンスキーに勝利したコール・ミラーはその前に2連敗していることを考慮しランクインは見送り。

○バンタム級
王者:ドミニク・クルーズ
暫定王者:ヘナン・バラォン
1位:ユライア・フェイバー
2位:ハファエル・アスンソン
3位:エディ・ワインランド
4位:ブライアン・ボウルズ
5位:ブラッド・ピケット(↑)
6位:マイク・イーストン(↓)
7位:スコット・ヨルゲンセン(↓)
8位:アイヴァン・メンジバー(↓)
9位:マイケル・マクドナルド
10位:ジョージ・ループ
※イーストンに勝利したピケットがランクアップ。

○フライ級
王者:デメトリウス・ジョンソン
1位:ジョゼフ・ベナビデス
2位:ジョン・モラガ
3位:イアン・マッコール
4位:ジョン・ドッドソン
※変動なし。

○女子バンタム級
王者:ロンダ・ラウジー
1位:キャット・ジンガーノ(↑)
2位:リズ・カモーシュ(↓)
3位:サラ・マクマン(↑)
※テイトに勝利したジンガーノ、ガフに勝利したマクマンがランクイン。

 ライト級がえらい状態に。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2013-05-01 09:57 x
うーむ、こうやってランキングにしていただいているのを見ると、
今のUFCの停滞感ってのが一層はっきり見えちゃいますねぇ。

SF勢投入で多少の活性化はあるのかもしれませんが、
現在のチャンピオンと対戦して面白そうな組み合わせが思いつかないんですよねぇ。
Commented by gsp at 2013-05-01 11:06 x
WEC勢が来たときも大混乱になりましたし、やはりライト級は層が厚いんですね。
メンデスはもうちょっと上でもいいんじゃないですかね?
Commented by nugueira at 2013-05-02 21:29
>みゆパパ様
 各階級の絶対王者化が著しいですからね。ただBJペンやエドガーも「まさかここで?」というタイミングで王座陥落しましたし、交代が進むときは意外とあっという間なのかもしれません。

>gsp様
 メンデスは最近の対戦相手がノンランカーや下位ランカーのため、なかなか順位が上がらない状態になっています。自分でも実態とやや離れているとは感じますが、まあそういうルールに基づくランキング設定ということで。
by nugueira | 2013-04-29 14:33 | UFC | Comments(3)