反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

UFC on FOX 7の感想

 メイン枠の感想を。

マット・ブラウン○-×ジョーダン・メイン(2R TKO)
 ガンガン前に出ながら左右のパンチを振り回すブラウンに、メインは下がりながらもパンチで応戦。ブラウンのパンチが当たり出すものの、メインが左ボディーを効かせてダウン!さらにパウンドを仕掛けるメインだが、ブラウンは下から三角絞めで反撃すると、スタンドの再開後も攻勢を仕掛けたところで1R終了。
 ブラウンがラウンドを取った印象だが、ディフェンスが危なっかしいので大逆転もあり得そう・・・と思っていたが、2R早々にブラウンがパンチで押し込むと首相撲からのヒザ、ヒジでラッシュ。最後は亀になったメインにヒジを打ち込み続けたところでレフェリーストップ。
 これでブラウンは4KOを含む5連勝。粗い部分も目立つけど、面白い存在になってきた。

ネイト・ディアス×-○ジョシュ・トムソン(2R TKO)
 リーチで上回るネイトに対し、トムソンはローキックを中心に組み立ててパンチの間合いを作らせず、度々右ハイキックをヒット。ネイトはボディを効かせてからテイクダウンという得意の展開に持ち込めず、トムソンのペースのまま1R終了。トムソンは脚へのローパンチも繰り出し、前回のベンヘンの戦い方をよく研究している印象。
 2Rもネイトは自分のペースに持ち込めないまま試合が進み、逆にトムソンのこの日3度目となる右ハイがクリーンヒット。グラついたネイトにトムソンはパンチとパウンドで追撃しレフェリーストップ。UFC対ストライクフォース3番勝負の初戦を制すとともに、タイトルマッチ経験者をKOする大仕事をやってのけた。こうなってみると、川尻がトムソンに勝ったのは凄いことだという話になってきちゃうな。

フランク・ミア×-○ダニエル・コーミエ(判定)
 コーミエが序盤からミアに組み付いてケージに押し込み、近距離からのパンチというパターンで圧倒。距離を取りたいミアだがとにかくコーミエの圧力が半端ではなく、何もさせてもらえないままラウンドが経過。コーミエはクラッチ自体が一つの武器になっている感じ。
 3Rにミアがようやくミドルやヒザで反撃する場面を作るものの、最後は再びケージに押し込まれたまま試合終了。コーミエがフルマークの判定でUFCデビュー戦を白星スタート。下馬評通りの結果ではあるものの、ミアを仕留めきれなかったのは少々不満。上背でのハンデも考えれば、ライトヘビー級転向は妥当な判断かも。

ベンソン・ヘンダーソン○-×ギルバート・メレンデス(判定)
 遂に迎えたライト級頂上決戦。ここまでストライクフォースの2連勝となっている対抗戦、ベンヘンがUFC戦士の強さを見せるか。と言いつつベンヘンもWEC出身。
 1Rはベンヘンが得意のローを出していくものの、メレンデスはこれを繰り返しキャッチしテイクダウン。ベンヘンも素早くリカバリーし不利なポジションにはならないものの、1Rはメレンデスのペースで終了。ベンヘンは何を軸に攻めるかが定まっていない感じ。
 2Rは前に出ていくメレンデスに対し、ベンヘンはパンチの距離を外しつつテイクダウンを狙って組み付き。しかしレスリング力に勝るメレンデスはこれを振りほどき、テイクダウンを許さない。ラウンド終盤には打ち合いになるもののこれは互角。微妙な内容だが、圧力をかけていた分メレンデスが取ったか。ベンヘンは早くも追い込まれた状態に。
 3Rに入るとベンヘンは自ら前に出てパンチを振るっていく。足払いのような低いローキックでメレンデスを転倒させる場面もあり、ラウンド終盤にはまたも足払いでメレンデスが転倒したところにベンヘンがヒジ打ちを連打。ようやくラウンドを取り、ここから流れを取り戻せるか?どちらかというとドッシリ構えているメレンデスに対し、ジリ貧感があるのはベンヘンの方だが・・・。
 4Rも前に出るのはベンヘン。しかしメレンデスもテイクダウンは許さず、足払いによる転倒からベンヘンにバックを取られるものの、すぐに立ち上がりリカバリー。後半はメレンデスも再び前に出てパンチを振るっていき微妙な差だが、前に出ていたベンヘンのラウンドか。
 迎えた最終R、ベンヘンはメレンデスのパンチの距離を外しながらタイミングを見て懐に飛び込もうとする。両者決定打がないまま終了するが、圧力をかけていた点を評価してメレンデスか。

 個人的採点では48-47でメレンデス。ただこれは割れるだろうな・・・と思い判定を見ていたら、スプリットでベンヘンの勝利。この判定は議論を呼ぶだろうし納得いかない人も多いとは思うが、実際問題として2Rと4R、見ようによっては5Rも非常に微妙な差。有効打・圧力・手数・ジェネラルシップのどこに重点を置くかで何通りもの採点パターンが出てくるだろうし、これはもう今回ジャッジを務めた3人の解釈はこうだった、ということで受け止める以外にないのでは。
 ダイレクトリマッチにはならない雰囲気だけど、敗れたメレンデスも全く商品価値を落とさない試合内容。「敗者なき激闘」だったことは疑いようのない事実でしょう。

 前座の感想は改めて。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by pretty侍 at 2013-04-23 03:36 x
エドガー戦はフィジカルで押し切り、ネイト戦は全局面で圧倒して見せたベンヘンですが

メレンデスには穴が無かったですね。

トムソンやメイナードなら或いは!?と思ってしまいます。
Commented by みゆパパ at 2013-04-23 13:57 x
ベンヘンは強いんでしょうけど、チャンピオンになってからの戦い方はいまいち好きになれません。
今回の試合、私の採点もヌゲイラさんと全く一緒でした。
メレンデスには今後数戦、星を無駄に落とさずにリベンジ戦を実現させてほしいですね。

川尻は絶対UFCに行くべきですよね。
主戦場はフェザーでも構わないですけど、日本大会では五味との再戦をしてくれたら、もう日本人MMAに思い残すことはない!(オイ
Commented by gsp at 2013-04-24 00:21 x
川尻はメレに叩きのめされてからやっぱりだめかと思いましたが、メレが強かったんですね。
今がピークでしょうし、早くUFCにいってほしいです。勝ち試合では人気は出ないでしょうが。
Commented by マラビージャ at 2013-04-24 06:57 x
UFCで戦う川尻観たいですね。金網&肘対策をきちっとすれば、フィジカル負けしないであろうフェザー級だったら昇っていけると思うんですが。

もし、UFCで勝ち負けする自信がなくて踏み出せていなかったなら、今回のメレンデス、トムソンの活躍を見て心変わりしてくれることを祈ってます。
Commented by nugueira at 2013-04-26 08:43
>pretty侍様
 メイナードもレスリング+ボクシングをハイレベルでこなせますし、vsベンヘンが実現したら面白くなりそうですね。

>みゆパパ様、gsp様、マラビージャ様
 今回のトムソン勝利で川尻株も急上昇しましたねえ。DREAMがこういう状況である以上、勝負に行ってほしいと思うのですが・・・。
by nugueira | 2013-04-21 23:52 | UFC | Comments(5)