反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ドネアvsリゴンドー

 WBA・WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦、ノニト・ドネアvsギジェルモ・リゴンドーをWOWOWで生視聴。

 1R、ジリジリと間合いを詰めた両者が互いの前手が触れ合うほどの近距離での攻防を展開。連打というよりは一瞬でトップスピードに達する両者のパンチが交錯する展開となり、見ているこっちの心拍数が上がってくる。1Rは手数と積極性に勝るリゴンドーが取ったか。

 2Rはドネアが少し距離を修正し、1Rよりはやや距離が空いた展開。微妙な差だがリゴンドーの正面に立たず圧力をかけ続けたドネアが取った印象。

 3Rは再びリゴンドーが先手を取り続ける展開。外側からかぶせる右フックがたびたびドネアを捉えるが、ドネアも絶えずカウンターを伺い、まるで真剣での斬り合いを見ているような空気になってくる。

 基本的にリゴンドーが試合のリズムを作る展開が続くが、4Rに入ると突如ドネアが圧力を強め攻勢。前に出続けるとドネアの左がカウンターでヒットしリゴンドーがよろける!しかし一瞬で体勢を立て直したリゴンドーが、今度はお返しに左フックのカウンター!どちらに入ってもおかしくないラウンドだが、個人的採点ではクリーンヒットの印象が強かったリゴンドーのラウンド。

 ドネアとしては4Rのように前に出続けた方が自分のペースに引き込めるのでは、と思ったのだが、5・6Rはそんな思惑を見透かすかのように、前に出るドネアをリゴンドーがフットワークでいなしながら、要所要所で手数を出していく展開。個人的採点では6R終了時でリゴンドーが59-55でリード。自分の戦い方を貫いているリゴンドーに対してドネアはそれに振り回されているうちに前半戦が終わった印象。後半は無理やりにでも展開を変えていかないと苦しいのでは。
 
 しかし後半に入っても「追うドネア、いなすリゴンドー」の構図は変わらず。リゴンドーは動きに余裕が感じられ、完全に逃げ切りモードに入りつつあるか。個人的採点では7Rはプレッシャーをかけ続けたドネアが取ったが、8・9Rはリゴンドー。ただリゴンドーは前半戦に比べて露骨に手数が減っており、ドネアのプレッシャーにポイントを入れるジャッジがいてもおかしくないのでは?

 膠着状態のまま終盤戦を迎えるが、10Rに試合が大きく動く。これまで以上に圧力を強めガムシャラに前に出るドネアが、密着状態から一瞬距離が空いたところで左フックをヒット!よろめくように倒れたリゴンドーにダウンが宣告され、一気に空気が変わってくる。このまま押し切りたいドネアだが、リゴンドーはフットワークで距離を取るときれいなカウンターも合わせ、ドネアは簡単に前に出られない。

 最大のピンチを落ち着いて切り抜けたリゴンドーは、続く11Rもフットワークでドネアの前進をさばくと要所要所で左のカウンターを決めて再び試合をコントロール。瞬時に立て直しに成功してしまう。

 迎えた最終ラウンドも、序盤にリゴンドーがカウンターの左をヒット。ドネアはこれで目にトラブルが発生したか、右のガードをがっちり上げたまま後退してしまい完全に劣勢。リゴンドーはダウンこそ奪えなかったものの手負いのドネアに連打を浴びせ、最後の2Rをキッチリ押さえて試合終了。

 個人的採点では116-111でリゴンドー。ただ中盤のラウンドは手数が少なく印象が悪かったので、ジャッジは割れてもおかしくないのでは・・・と思いながら結果を見守ったが、判定は3-0でリゴンドー。大一番で英雄ドネアを退け、スーパーバンタム最強を証明した。

 リスクを避けて着実にポイントを取りにいったリゴンドーのスタイルは好き嫌いが分かれるだろうけど、ドネア相手にそれをやりきってしまったのはさすが。10Rのピンチをあっさりとその後の2Rで挽回した辺りも含めて、やっぱり強かった。いわゆる「激戦」「名勝負」というフレーズは似合わない試合内容だったけど、逆に言えばリゴンドーがそれだけドネアを完璧に抑えてみせたということなんでしょう。
 一方のドネアはこれに勝てばスーパーバンタム完全制圧だったが、最後まで自分のペースを作ることができず完敗。正直リゴンドーとのリマッチはビジネス的にも旨味のあるプランじゃないだろうし、あっさりとフェザー級に上げるんじゃないかという気がしてきた。

 リナレスの試合の感想は明日。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2013-04-14 22:37 x
私は115-112でリゴンドーでした。
公式ジャッジでも115-112も116-111もいましたね。
今回はジャッジ3名とも、どっちかに贔屓なく妥当でした。

それにしても、会場はブーイングが凄かったですけど、
私はリゴンドーの上手さに唸ってましたね。

西岡選手も、同じような作戦だったんでしょうね。
それ以上のドネアの圧力でやられちゃった感じでしたが、
狙った通りに作戦遂行できたリゴンドーは、
やっぱり只者ではないですね。

いやー面白かった。
Commented by tarou at 2013-04-14 23:58 x
nice fightでしたね
リゴンドー、強かったですね…! パワーとタフネスで遥かに上回る相手に対して、KOを狙わなかったのは仕方ない、と私は感じました。リゴが手を出さなかったと批判している人もいるようですが、ドネアも手を出していませんし、どっちもどっちかな、とも思いました。ドネアを必要以上にナーバスにさせたリゴンドーの左カウンター、スピードの勝利ですね。リゴンドーは間違いなく、現時点での軽量級最強ボクサーだと言えるでしょう。ただ、マジョリティに受ける試合をできない選手かもしれないですね。こうなるとリゴンドーの今後も心配です
ドネアは再戦せずに転級して、新たな相手と戦って行く方が需要も多いだろうし、私もリゴンドーとの再戦はもういいです笑
Commented by J.V.N at 2013-04-15 00:25 x
僕もヌゲイラさんと、各ラウンド全く同じ採点です。みゆパパ氏も仰るように、西岡さんがやりたかった戦法を、リゴンドーが完遂したように思えました。ただ、西岡戦では(本人も言うように)とにかく左の間合いから外れる事に集中していましたが、今回のドネアは同じ間合いで迎え撃ちにいきましたよね。

アマチュア最高峰の強さと怖さを見せつけられましたね。終盤、ブーイング直後に、カウンターを臆せず打ちにいってダウンとってみせたドネアには感動しました。あと、リゴンドーのインタビューの「リゴンドーじゃ勝てないって言われていたのに対して、違うという事を私は実証してみせた」みたいに無表情で語るリゴンドーは、カッコ良かったです。
Commented by nugueira at 2013-04-15 22:52
>コメント頂いた皆様
 皆さんのコメントの長さからも、この試合の満足度が伝わってきます。やはりボクシング好きにとっては見どころ・語りどころの多い大満足の試合でしたね。
 ただ会場のブーイングが示すように今回のリゴンドーのパフォーマンスを物足りなく思う向きがあるもの確かなはずで、今後リゴンドーがビジネス面でのビッグマッチを行うのは難しいかもしれませんね。
Commented by マラビージャ at 2013-04-20 11:24 x
ヒリヒリする名刀の斬り合い、存分に堪能しました。緊張感が凄まじくて、文字通り目が離せませんでした。試合後、ドネアが再戦を口にしていましたが、皆さんと同意見でサクッとフェザー級に上げていいと思います。

この闘いは一期一会だからこそ価値があったと思うし、「勝利」より「ファン」を優先したドネアの評価は決して下がってないと思うからです。

近い将来、フェザー級でマレスやガルシアと戦う姿が観たいですね。
Commented by nugueira at 2013-04-22 08:42
>マラビージャ様
 「対ドネア」に勝ったリゴンドー、「対観客」に勝ったドネアという感じですかね。リゴンドーの戦い方は賛否両論でしょうが、掛け値なしにドキドキできる試合でした。
by nugueira | 2013-04-14 21:49 | ボクシング | Comments(6)