反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

五十嵐vs八重樫、ディアスvs三浦

 ボクシングのトリプル世界戦、残り2試合の感想を。

 WBC世界スーパー・フェザー級タイトルマッチ、ガマリエル・ディアスvs三浦隆司は、1Rに三浦がバッティングでいきなり減点を食らってのスタート。三浦は左を狙い過ぎな感じで序盤はディアスのボディー攻めにペースを握られるが、2R終盤に左ボディーからラッシュ。そして3Rに左ストレートでディアスをグラつかせると、クリンチで粘るディアスに手を焼きつつもラウンド終盤にダウンを奪取。流れを一気に引き寄せる。
 中盤の5Rに入ると三浦の左が当たる場面が目に見えて増え、さらには右もディアスを捉えだす。こうなると得意の左もますます活きるようになり、6Rには左ストレート、7Rには右フックでダウンを重ねていく。
 ディアスはスリップやラウンド開始時の遅延行為、さらにはダウン後にマウスピースを吐き出したりと老獪な時間稼ぎを図るが、流れは取り戻せず。最後は9Rに左ストレートで4度目のダウンを奪いレフェリーストップ。説得力十分のKOで、粟生が失ったベルトを帝拳ジムに奪還した。
 正直粗さ・硬さも目立つ内容だったが、倒せる一発を持っているのは大きな魅力。持ち味を発揮してベルトを手にしたのは大きな自信になったはずで、このままいいチャンピオンになってほしい。

 続いてWBC世界フライ級タイトルマッチ、五十嵐俊幸vs八重樫東。インファイトに持ち込みたい八重樫に対し距離を取ってリーチ差を活かしたい五十嵐と、両者の狙いがはっきりした試合展開。序盤から五十嵐の懐に入っていった八重樫が手数で序盤にポイントを重ねていく。井岡戦もそうだったが八重樫は強引に自分のペースに持ち込むのが非常に上手く、五十嵐は接近戦を強いられたまま中盤戦へ。
 4R辺りから五十嵐はインファイトでも打ち負けないようになり、6Rには両者バッティングで流血し互いに減点される荒れた展開に。8Rには五十嵐の左ストレートをもらった八重樫の手数が落ち始め、まだまだ試合の行方は分からないという雰囲気になってくる。
 しかし9Rになると八重樫が再度圧力を強め、右フックを繰り返しヒット。再び流れを引き寄せると、10Rも圧力と手数で五十嵐を下がらせ、ここでほぼ勝負あり。11Rには右をもらった五十嵐が腰を落とし、完全に防戦一方の展開に。とにかく八重樫はスタミナと回転力が凄く、下の階級から上げてきたとは思えない圧力で五十嵐を圧倒。この辺はゴン格でもおなじみ土居トレーナーによるフィジカルトレーニングの賜物か。
 結局八重樫が大差の判定で五十嵐を下し、アマ時代のリベンジとともに2階級制覇を達成。五十嵐も中盤は打ち合いで意地を見せたが、最後は八重樫のペースに呑みこまれてしまった形。井岡のようにボディー攻めで八重樫の突進を凌げればまた違った展開になったんだろうけど。
[PR]
Commented by みゆパパ at 2013-04-13 09:27 x
三浦も八重樫もがんばって防衛してもらって、
三浦×内山、八重樫×井岡と、
リベンジマッチ実現させてほしいですね。

ライト層にも分かりやすくドラマが作れて、注目されますよね。

井上や村田なども注目されてますし、
ボクシング人気復活の足がかりとしてほしいですね。
Commented by nugueira at 2013-04-13 14:54
>みゆパパ様
 以前ゴン格で松原教授も言っていましたが、これだけ大勢の日本人王者がいて、かつ粗製濫造な感じが全くないのは素晴らしいですね。粟生vs内山は実現しないまま終わってしまったので、日本人同士の統一選はチャンスがあればぜひ実現してほしいです。
by nugueira | 2013-04-11 23:34 | ボクシング | Comments(2)