反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ウェイドマンvsムニョス

 アンデウソンへの挑戦が決まっているウェイドマン、試合映像をまだ見たことがないのでムニョス戦の動画をチェック。

クリス・ウェイドマン○-×マーク・ムニョス(2R TKO)
 スタンドでしばらく見合った後、ウェイドマンが見事な片足タックルを決めあっさりとテイクダウンに成功。ムニョスは何度か立ち上がろうとするもののウェイドマンはガブリの体勢から繰り返し上を奪い、キムラロックやチョークを狙っていく。結局ムニョスは攻撃を一度も繰り出すことができず1Rが終了。
 2Rもビデオのリプレイのようにウェイドマンが片足タックルからテイクダウン。ムニョスがここは立ち上がることに成功しスタンド勝負に戻すものの、突っ込んできたムニョスにウェイドマンがカウンターの右ヒジをクリーンヒット。前のめりに倒れたムニョスにウェイドマンがパウンドの雨を打ち下ろし、ワンサイドゲームで勝利。

 ムニョスも決して弱くはない、どころかタイトルマッチが射程圏に入っていた選手だったのにここまで圧倒的な内容で粉砕。まあタイトル挑戦も納得するしかない勝ち方ではある。
 まあ相手はあの絶対王者アンデウソン。普通に考えればアンデウソン優位は動かないが、テイクダウン能力のあるレスラータイプをアンデウソンが苦手としているのもまた確か。ウェイドマンの「黄金のシングルレッグ」(今俺が命名)は果たしてアンデウソンにも通じるのか。試合当日を期待して待ちましょう。
[PR]
by nugueira | 2013-04-04 23:25 | UFC | Comments(0)