反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ゴロフキンvs石田

 エキサイトマッチでWBA世界ミドル級タイトルマッチ、ゲンナディ・ゴロフキンvs石田順裕を観戦。

 開始から前に出て積極的に手数を出していく石田だが、ゴロフキンも鋭い踏み込みからのパンチで応戦。ゴロフキンの左ジャブが着実に石田の顔面を捉えていく。石田もしっかりと打ち返していき動きは悪くないのだが、ゴロフキンはジャブですら破壊力が半端じゃないからなあ・・・。
 2Rも序盤は石田が攻めていくのだが、ゴロフキンがアッパーから左右の連打を打ち込んでいきあっという間に優勢。気が付けば石田は下がり続けてパンチをもらう場面が増え、完全に守勢に回ってしまう。

 そして迎えた3R、ゴロフキンは連打で石田を下がらせると、最後は強振した右がクリーンヒット。仰向けにダウンした石田は頭がロープの外に飛び出し、そのまま起き上がれず。かつてのバンナvsフィリォを思い起こさせる衝撃のKO劇でゴロフキンが防衛に成功。

 正直この試合に関して勝敗が関心事項だったかというとそうではなく、「こういう結末になることは分かり切っていたはずだろう」というのが率直な感想。石田に対してはこの試合までたどり着いたことをもって讃えるしかないのでは。
 
 ここ最近、ミドル級近辺の階級の試合を見るたびに同じことを書いているが、改めて問う。村田はこんな化け物たちと本当に渡り合っていけるのか?

 中島アナ、替わっちゃったのね。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by マラビージャ at 2013-04-02 02:26 x
試合後のインタビューでマルチネス戦について振られてましたね。
是が非でも観たい試合なので、旬のうち(秋?)に実現して欲しいです。
Commented by みゆパパ at 2013-04-02 10:05 x
マラビージャさん同様、GGGvsマルチネスは是非とも観たい試合ですね。
でもファイトマネーのことを考えると、マルチネスが選択するのはジュニアとのリマッチなんでしょうねぇ。
Commented by tarou at 2013-04-02 13:53 x
リーチでかなり劣っているのにジャブを当てた数は圧倒的にゴロフキンが多かったですね。1ラウンドでかなり効いてたんじゃないですかね…
村田はまあ、まず東洋で1番を目指して欲しいです。ゴロフキンやチャベスjr、アルバレスと戦うのは、実力を証明したあと。逆にいうと村田がもし海外のトップ選手と戦うところまで行けたら、プロ転向は成功だと思います
Commented by nugueira at 2013-04-03 22:17
>マラビージャ様、みゆパパ様
 マルチネスvsゴロフキン、見たいですねえ。ゴロフキンの勝ち方を見ていると誰が相手だろうが殴り倒すんじゃないかと思えてきてしまいますが。

>tarou様
 ゴロフキンは「効かせるジャブ」を持っているのが大きな武器ですよね。最近Sウェルター~Sミドルの試合は特に気を付けて見ているのですが、確かに「村田は世界タイトルに挑戦までこぎつけたら百点満点」という結論になりつつあります。
by nugueira | 2013-04-01 23:53 | ボクシング | Comments(4)