反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

勝手に制定・UFCランキング

 1カ月ぶりとなるランキング更新。4大会分の結果を反映したうえランカーのリリースもあったため、多くの階級で地滑り的大変動。

○ヘビー級
王者:ケイン・ヴェラスケス
1位:アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
2位:ジュニオール・ドス・サントス
3位:フランク・ミア
4位:ロイ・ネルソン
5位:マーク・ハント(↑)
6位:ファブリシオ・ヴェウドゥム(↓)
7位:シェーン・カーウィン(↓)
8位:ガブリエル・ゴンザガ
9位:シーク・コンゴ
10位:ベン・ロズウェル
11位:ブレンダン・シャウブ(↑)
12位:アントニオ・シウバ(↓)
13位:トラヴィス・ブラウン(↑)
13位:ステファン・ストルーブ(↓)
※レイバー・ジョンソンに勝利したシャウブ、ストルーブに勝利したハントがランクアップ。

○ライトヘビー級
王者:ジョン・ジョーンズ
1位:アレクサンダー・グスタフソン
2位:アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ
3位:リョート・マチダ(↑)
4位:マウリシオ・ショーグン(↓)
5位:ラシャド・エヴァンス(↓)
6位:ライアン・ベイダー(↑)
7位:ダン・ヘンダーソン(↓)
8位:フォレスト・グリフィン
9位:グローバー・テイシェイラ
10位:フィル・デイビス
11位:ヴァンダレイ・シウバ(↑)
※ダンヘンに勝利したリョートがランクアップ。ライトヘビー級で勝利したヴァンダレイがランクイン。

○ミドル級
王者:アンデウソン・シウバ
1位:ヴィトー・ベウフォート
2位:岡見勇信(↑)
3位:クリス・ワイドマン(↓)
4位:マイケル・ビスピン(↓)
5位:マーク・ムニョス
6位:コンスタンティン・コスタ・フィリッポウ
7位:ティム・ボーシュ
8位:チェール・ソネン
9位:カン・リー
10位:リッチ・フランクリン(↑)
11位:アラン・ベルチャー(↑)
12位:ブライアン・スタン
13位:ヘクター・ロンバード
14位:デレク・ブランソン(↑)
※ロンバードに勝利した岡見がランクアップ。ヴァンダレイに敗れたスタン、岡見に敗れたロンバードは本来ランクダウンだが、ヴァンダレイがライトヘビー級に転向したため前回と順位は変わらず。

○ウェルター級
王者:ジョルジュ・サンピエール
1位:ジョニー・ヘンドリックス
2位:デミアン・マイア
3位:ジェイク・エレンバーガー(↑)
4位:カーロス・コンディット(↓)
5位:マーティン・カンプマン
6位:リック・ストーリー(↑)
7位:ロビー・ローラー(↑)
8位:ジョシュ・コスチェック(↓)
9位:ローリー・マクドナルド
10位:エリック・シウバ
11位:カイル・ノーク(↑)
12位:キム・ドンヒョン(↑)
13位:チアゴ・アウベス(↓)
※リリースされたフィッチがランク外へ。コスチェックに勝利したローラー、バハドゥルザダに勝利しUFC戦績を8勝2敗としたドンヒョンがランクイン。マーコートに勝利したエレンバーガー、ムルハーンに勝利したストーリーがランクアップ。欠場期間が1年を超えたアウベスがランクダウン。

○ライト級
王者:ベン・ヘンダーソン
1位:ハファエル・ドス・アンジョス
2位:アンソニー・ペティス
3位:ドナルド・セラーニ
4位:グレイ・メイナード
5位:ネイト・ディアズ
6位:ジム・ミラー
7位:グレイソン・チバウ
8位:ジェイミー・ヴァーナー
9位:エジソン・バルボーザ
10位:ジョー・ローゾン
11位:ハビブ・ヌルマゴメドフ
12位:メルヴィン・ギラード
13位:エヴァン・ダナム
14位:ロス・ピアソン
※変動なし。ここ1カ月でライト級についてはランカーの絡む試合がなかった。

○フェザー級
王者:ジョゼ・アルド
1位:ヒカルド・ラマス
2位:ジョン・チャンソン
3位:カブ・スワンソン(↑)
4位:クレイ・グイダ
5位:ダスティン・ポワリエ(↓)
6位:日沖発
7位:デニス・シヴァー(↑)
8位:ハニ・ヤヒーラ(↑)
9位:ニック・レンツ
10位:チャド・メンデス(↑)
11位:バート・パラジェンスキー(↑)
12位:エディ・ヤギン(↑)
13位:ダレン・エルキンス(↑)
※リリースされたヌネス、グリスピ、バンタム級に転向したループがランク外へ。グリスピはそもそも3連敗の時点でランクから外すべきだったので、勝利したオグルのランク入りは見送り。ポワリエに勝利したスワンソン、廣田に勝利したヤヒーラがランクアップ。5連勝のエルキンスがランクイン。

○バンタム級
王者:ドミニク・クルーズ
暫定王者:ヘナン・バラォン
1位:ユライア・フェイバー(↑)
2位:ハファエル・アスンソン
3位:エディ・ワインランド(↑)
4位:ブライアン・ボウルズ(↓)
5位:マイク・イーストン
6位:スコット・ヨルゲンセン(↑)
7位:アイヴァン・メンジバー(↓)
8位:ブラッド・ピケット(↑)
9位:マイケル・マクドナルド(↓)
10位:ジョージ・ループ(↑)
※メンジバーに勝利したフェイバーがランクアップ。バンタム級転向で勝利を挙げたループがランクイン。暫定タイトルマッチに敗れたマクドナルド、欠場期間が1年を超えたボウルズがランクダウン。

○フライ級
王者:デメトリウス・ジョンソン
1位:ジョゼフ・ベナビデス
2位:ジョン・モラガ
3位:イアン・マッコール
4位:ジョン・ドッドソン
※変動なし。

○女子バンタム級
王者:ロンダ・ラウジー
1位:リズ・カモーシュ
※選手数も少なそうなので、当面は勝利した選手を順次ランク入りさせていきます。

 SF勢の参戦で勢力分布がどう変わるか。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2013-03-20 15:30 | UFC | Comments(0)