反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

UFC158の感想

 WOWOWに加え、今回はfacebook中継もチェック。

ジョージ・ループ○-×ルーベン・デュラン(判定)
 今回からバンタム級に落としたループ。上背では勝るもののパンチで打ち負け、テイクダウンも取られる厳しい展開でスタート。2Rも序盤はケージに押し込まれるものの、バックをキープしチョークを取りかける場面を作る。3Rはやや微妙な内容だったものの、ケージに押し込んで打撃で攻めたループがやや優勢な印象。結局判定は3-0でループ勝利。バンタム級転向初戦を飾ったが体格のアドバンテージを活かせている感じはあまりなく、今後の先行きは厳しそうな印象。

T.J.ディラショー○-×田村一聖(2R TKO)
 田村の背中には日本地図に日の丸という物凄いタトゥー。これ前からあったっけ?
 1Rはディラショーが圧力をかけ続け、決定打はもらっていないものの田村は厳しいなあ・・・と思った2R、ディラショーのパンチのフェイントで田村が頭を下げたところにヒザが直撃。ディラショーが文句のつけようがないKO勝利。これで1勝2敗となった田村、リリースはやむを得ない状況か。

リック・ストーリー○-×クイン・モルハーン(1R TKO)
 開始から前に出てパンチを振るっていくストーリーが優勢。最後はボディからの左フックでモルハーンを下がらせると、再び左フックを打ち抜いたところでモルハーンがダウン。ここ4試合で3敗とここで敗れればリリースの恐れもあったストーリーだが、久々のスカ勝ちで踏みとどまった。

マイク・リッチ○-×コリン・フレッチャー(判定)
 ともにライト級にしては長身の両者だが、1Rは間合いの測り合いに終始し目立った攻防はなく終了。フレッチャーは回転技を多用する動きが須藤元気っぽい。
 2Rはテイクダウンを奪ったリッチがスタンドでも有効打を増やしペースを握り始めた感じ。3Rもフレッチャーは目立った反撃をできず、レベル的には微妙ながらリッチが判定勝利。フレッチャーはこの内容で0勝2敗だとさすがにリリースか。

ニック・リング×-○クリス・カモージ(判定)
 1Rからガンガン前に出続けるリング。手数では五分という感じだがアグレッシブさで先手を取ったか。
 2Rに入るとリングのペースが落ち始め、だんだんドロドロの展開に。リングは時折タックル狙いのフェイントを見せるのだがあまり効果がない感じ。3Rは着実にジャブを叩き込んだカモージが圧力でも上回り完全にペースを奪い返して試合終了。2Rをどちらに付けるか微妙ではあったが、判定はスプリットでカモージ。メイン枠のカードを見たとき「最初の2試合が弱いな」と思ったのだが、案の定な試合内容になってしまった。

ジェイク・エレンバーガー○-×ネイサン・マーコート(1R TKO)
 ローの蹴り合いからスタートし、基本的にエレンバーガーが圧力をかけているのだが互いに目立った有効打は無し。割合静かな立ち上がりだな・・・と思った途端、ケージ際でエレンバーガーの左右のフックが炸裂!そのままガクリとダウンしたマーコートにパウンド連打したところでレフェリー試合をストップ。
 エレンバーガーの最後のパウンドが後頭部っぽかったのでマーコートが抗議したくなる気持ちも分かるが、その前の右フックで事実上勝負あり。エレンバーガーにとっては上位グループ再進出に向けた最高のアピールとなったか。敗れたマーコートは緊急オファーを受けてのスクランブル出場なのでリリースの心配はないだろうけど、ダメージの蓄積が心配。

カーロス・コンディット×-○ジョニー・ヘンドリックス(判定)
 スタンドで距離が詰まるやいなや、ジョニヘンの左がヒット!コンディットが下がってもジョニヘンは追いながら左を3発・4発と繰り出していく。さらに組み付くとジョニヘンがパワフルなテイクダウンを連発。グラウンドで深追いはしないものの再開後はまたもテイクダウンを繰り返し、まるでジョニヘンが稽古をつけてやっているような形で1Rが終了。
 2Rに入ってもジョニヘンの勢いは衰えず。やっていることは左のパンチとタックルだけなのだが、その左がやたらと当たるのに加え、とにかく突進力がケタ外れ。ジョニヘンって左の一発だけが印象に残っていたのだが、こんなにパワフルな選手だったっけ?
 3Rになるとさすがにジョニヘンもペースダウンし、コンディットが反撃。右フックをクリーンヒットさせジョニヘンの動きが止まる場面もあったが、要所要所でテイクダウンしペースを完全には握らせなかったジョニヘンが判定で逃げ切り勝利。
 正直試合前は「ジョニヘンには酷なマッチメイクだけど、まあGSP対ジョニヘンも是が非でも見たいカードじゃないしね」と思っており、実際問題同じ感想を抱いていた人は多いと思うのだが、ジョニヘンが力ずくでそういう雰囲気にけりをつけちゃった形。これでGSP対ジョニヘンを組まなかったらさすがに暴動が起きるぞ。

 長くなったのでメインは明日。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented at 2013-03-18 12:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by paky21 at 2013-03-18 16:50 x
日の丸刺青は修斗時代からありましたね~
UFCデビューが決まったとき、この刺青が理由のひとつなのかな?とか思ったので(笑)
手塚もマスクは和風のものをオーダーメイドしていましたし、パッと見で日本っぽいものはUFCでも割と受け入れられ易いのかもしれませんね
Commented by nugueira at 2013-03-18 22:14
>gsp様
 正直今回のメインを見た後では「GSPには勝てないな」と思わざるを得ませんが、その他の選手を根こそぎなぎ倒した以上挑戦させないわけにいかないでしょうね。

>paky21様
 情報ありがとうございます。去年の日本大会では完全に見逃していました。岡見が試合後にやってる日本刀のジェスチャーもその流れですかね。
by nugueira | 2013-03-17 23:02 | UFC | Comments(3)