反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

UFC JAPAN観戦記③

 更新ペースがなかなか上がりませんが、ここらでミドルスパート。

福田力×-○ブラッド・タバレス(判定)
 さあ福田の入場、鳴り響くかパワーホール!と思いきや全然別の曲で入場。一気にテンションダウン。一方のタバレスはハワイ出身。きっと趣味はサーフィン、好物はロコモコ丼といったところか。適当でスマン。
 1Rはスタンドの攻防が中心。福田がローの蹴り足をつかんでテイクダウンを取りかけるもののタバレスはすぐ立ち上がる。打撃で決め手はなかったが、テイクダウンを取りかけた分だけ福田のラウンドかな、という印象。
 2R以降もスタンドの展開が続き、目立ったクリーンヒットこそないもののタバレスが細かい打撃で削り続ける。福田は2Rに入るとテイクダウンが全く取れなくなり、結局展開を変えられないまま試合終了。お互い見せ場に欠ける内容だったがスタンドでコツコツ攻めたタバレスが判定勝利。
 福田は昨年フィリッポウに敗れたときもこういう内容だったと思うのだが(試合映像見てないけど)、今回もテイクダウンを取れずスタンドの展開が続いたところで、流れを変えるための引き出しが何もなかった感じ。これでUFC戦績2勝3敗。最近の雰囲気からすると次は残留が懸かった試合になるか。

キム・ドンヒョン○-×シアー・バハドゥルザダ(判定)
 1Rからドンヒョンが繰り返しテイクダウンを奪い、マウントから攻めていく展開。とにかくドンヒョンのグラウンドの安定感が半端じゃなく、バハドゥルザダは何もさせてもらえない。UFCってこんな簡単にマウント取れる競技だったっけ?という錯覚すら感じてしまうぐらい。
 3Rにドンヒョンが肩固めを狙うもののバハドゥルザダが何とか凌ぎ、最後はドンヒョンがマカオ大会でも見せていたモンゴリアンチョップのような鉄槌を披露し試合終了。一本は逃したもののドンヒョンが文句なしの圧勝。UFC戦績からしてドンヒョン有利だとは思っていたが、ここまで一方的になるとは・・・。ドンヒョンは次は上位グループとの試合が組まれそう。

廣田瑞人×-○ハニ・ヤヒーラ(判定)
 ヤヒーラが得意のねちっこい寝技を披露。廣田はがぶろうとするもののヤヒーラは片足タックルからしつこくしがみついていき、廣田を立ち上がらせない。1Rにはアームロック、2Rには肩固めで廣田を追い込んでいき、完全にヤヒーラのペースで2Rまで終了。
 廣田はもうどうしようもないか・・・という雰囲気だったが、最終Rに廣田がヤヒーラのタックルを切り続けると、なんと下から三角絞め!ここはヤヒーラが脱出するが、ガス欠気味で一気に動きの落ちたヤヒーラに廣田はパウンドで猛攻。しかし反撃も時すでに遅く、前半の貯金で逃げ切ったヤヒーラが判定勝利。
 結果的に廣田がよく追い上げた形にはなったが、やはり「完敗」と言うしかない内容。しかし北岡や菊野は廣田に敗れているわけで(今は別階級なので単純に論じられないかもしれないが)、国内とUFCの差が開く一方であることを改めて実感させられる試合だった。

岡見勇信○-×ヘクター・ロンバート(判定)
 スタンドでジリジリと圧力をかけてくるロンバード。一撃の威力は先日のトキーニョ戦で実証済みなだけに、見ているだけでもの凄い緊張感。しかし岡見はスタンドも落ち着いて対処し、繰り返しテイクダウンを奪うことに成功。パウンドでの目立った攻勢はなかったが、悪くない出だし。
 2Rに入ると岡見がスタンドで一気にペースを掌握。鋭いジャブを突き刺し、ボディへテンカオ。ロンバートに自分の試合をさせず、終盤にはテイクダウンからマウントを奪取。一気に試合の流れを引き寄せる。
 こうなると去年の悪夢が頭をよぎるなあ・・・などと考えていた3R、後のないロンバードがスタンドで猛ラッシュを仕掛け、岡見がグラつく!まさに去年のVTRを見るような展開だったが、組み付いてなんとかピンチを脱出。この後もダメージの残る岡見はタックルを切られパウンドを浴び続けるものの凌ぎ切って3R終了。1Rの判定が割れスプリットとなったが、岡見が接戦を制した。
 正直なところ対戦が決まった瞬間「岡見には厳しい試合だなあ」と思ったし、ズッファとしてもロンバードを上に行かせるために組んだ試合だったのでは。ロンバードをジャブとヒザで制してみせた2Rの試合運びは圧巻で、岡見が日本人選手の中で図抜けた存在であることを今更ながら再確認。これで3連勝となった岡見。ミドル級上位陣はあらかた次の試合が決まっているので少しインターバルが入るかもしれないが、王座再挑戦があながち夢物語とも言えない状況になりつつある。

 いよいよ終盤戦へ。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by gsp at 2013-03-07 01:50 x
正直、決まった瞬間に「日本でまた岡見が負けるのか…」と思っていました。
ミドル級版アリスターみたいな体のとんでもない化けもの相手じゃきついと思っていただけにびっくりでした。トキーニョ戦も圧巻でしたし。
来年日本でタイトルに挑戦して欲しいです!
Commented by nugueira at 2013-03-07 22:55
>gsp様
 ロンバード相手にスタンドでも押していたのは本当に驚かされました。正直トップクラス相手にもう2つほど勝たないとタイトル再挑戦は見えてこないかもしれませんが、今の岡見なら決してできない話じゃない、と思えてきます。
Commented by ysjoooji at 2013-03-10 23:21
岡見が1.2Rで見せたあの磐石のスタイルに、
もしやまた、、、
という不安がよぎったのは、私だけでは無かったですね。(笑)
あそこで持ちこたえてくれて本当に良かったと思います。

会場で一番手汗が出てた試合でした。(笑)
Commented by nugueira at 2013-03-10 23:29
>ysjoooji 様
 今後しばらく、岡見の試合の3R目は心拍数が上がっちゃいますね。今回あそこを凌げたのは去年の経験があったからこそ、と言えるのかもしれませんが。
by nugueira | 2013-03-06 23:26 | UFC | Comments(4)