反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ベウフォートvsビスピン

 先月のベウフォートvsビスピンの動画をようやく見たので感想を。

ヴィトー・ベウフォート○-×マイケル・ビスピン(2R KO)
 1Rはスタンドでの間合いの測り合いからスタート。ローで攻めるビスピンに、ベウフォートは間合いを取りつつ踏み込んでのパンチ、ミドルキックを繰り出していく。1R後半からベウフォートが圧力を徐々に強めていき、ラウンド終盤にミドルを効かせてビスピンを下がらせると、パンチ連打で攻め込む場面を作る。
 1Rでペースを握ったベウフォートは2Rも落ち着いた動きを見せ、ビスピンの攻めをいなすと最後は左ハイをクリーンヒット。倒れこんだビスピンにパウンドを打ち込んでいったところでレフェリーストップ。母国ブラジルのメインを完璧なKOで飾った。

 これまで「勝てばタイトル挑戦」という場面でことごとく黒星を喫してきたビスピン、今回も「あと1勝」の壁を破れず。こうなるともう一生タイトルマッチに縁はないかもなあ、と思えてくる。
 一方のベウフォートはなんだかんだでUFC復帰以降、2度のタイトルマッチ以外は全勝。でもアンデウソン戦もあの負け方だったし、タイトル再挑戦への道は簡単ではないか。次はSF王者ロックホールドを迎え撃つ話が進んでいるようだけど。
[PR]
by nugueira | 2013-02-13 23:34 | UFC | Comments(0)