反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カーン復活?

 エキサイトマッチでWBCスーパーライト級シルバー王者決定戦、アミール・カーンvsカルロス・モリナを視聴。

 2連敗で後がないカーン、1Rから積極的に攻めていきまずは主導権を握る。カーンは連打のキレがもの凄いが、モリナのパンチで一瞬よろめく場面もあり、一発入ったらひっくり返されそうな脆さも感じさせる。
 3Rにはモリナが接近戦に持ち込むものの、パンチの回転力ではやはりカーンが上。4Rにはボディから顔面へのコンビネーション、さらに右アッパーのトリプルを放ち、カーンが完全に勢いに乗ってくる。
 モリナは6Rに相打ち覚悟のパンチを出す場面があり、ここに活路を見出すしかない状況になってくる。カーンは後半に入ってから目立つ攻勢の場面は減ったものの、モリナの突進をさばいて要所要所で連打をまとめ、きっちりポイントを奪取。モリナは完全に一発狙いの雰囲気で、いよいよ苦しくなってきたか。

 結局10R終了時にレフェリーが止め、カーンがTKO勝利。カーンは前戦で選手生命が心配になってくるぐらいの負け方をしていたのでどうなるかと思ったが、勝たなければならない試合できっちり結果を出した感じ。
 とはいえ前半戦は不用意に一発をもらいやすい戦い方が目立ったし、このスタイルのまま再び相手のレベルが上がっていくといずれ苦しくなるのでは、という不安は拭いきれなかった。
[PR]
Commented by なちょ at 2013-02-14 01:09 x
まったく同意です。我慢して後半みたいな試合をすればカーンは無敵だと思ってます。足も使えて手のスピーとド回転力もあるけど、打たれ脆いし守勢にはいると逃げ回ったりクリンチ一辺倒なカーン、それでも打ち合っちゃうんだよな、カーンは長谷川病かな。一番好きなボクサーです。
Commented by nugueira at 2013-02-15 08:46
>なちょ様
 ただ前半の戦い方の方が見ていて面白いのは確かなので、観客としては難しいところなんですよね・・・。
by nugueira | 2013-02-11 23:48 | ボクシング | Comments(2)