反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

INOKI BOM-BA-YE2012の感想

 フジテレビで夜中にやっていたINOKI BOM-BA-YE2012の感想を。なんだかんだでこのご時世に地上波が着いてしまうのが猪木の神通力ということなのだろうか。

鈴川真一×-○ミルコ・クロコップ(1R 腕十字)
 開始早々鈴川が跳び蹴りを見せるが、指がミルコの目に入り試合中断。再開後は怒った(?)ミルコが鈴川をパンチ連打で押し込むと、カメになった鈴川からマウントを奪い、最後はまさかの腕十字で一本。うーん、「ミルコに楽に小遣い稼ぎをさせてあげた」という以外に試合の意義が見えない。

石井慧○-×ティム・シルビア(判定)
 1Rは石井がコーナーに押し込んでテイクダウンを奪うと、バックやトップポジションをキープしてパウンド・肘を落としていく。動きは悪くない感じ。
 その後は3Rのダイジェストが流れただけだったが、後半は石井が体格差を攻略できず攻めあぐねてしまい、逆にシルビアのヒザをもらう場面がありつつ試合終了。終盤はピリッとしなかったが石井が逃げ切りで判定勝利。
 石井としては「勝つには勝ったが、ただそれだけ」という印象の試合。ライトヘビーまで落とせるはずの日本人が曲りなりにも元UFCヘビー級王者に勝ったんだからそれなりに凄いことのはずではあるんだけど。とりあえず石井は定期的に(かつちゃんとした)試合を組んでくれるマネージメント体勢の整備が最優先課題なのではないだろうか。

ミノワマン○-×ボア・ブラトブズ(1R ヒールホールド)
 しつこくタックルを仕掛けてくるブラトブズにバックを奪われてしまうミノワマンだが、クルリと前転してヒザ十字の体勢になると、最後はヒールホールドに移行して一本。相手は動きを見る限り「普通に総合の試合ができる選手」だったと思うのだが、それでも最後はキッチリ自分の形にもってっちゃうんだからミノワマンは偉いというか「持ってる」よなあ。
 
 メインの藤田vs小川は早送りで見ただけで特に興味もなかったので、感想は無しということで・・・。
[PR]
by nugueira | 2013-01-07 23:40 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)