反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

UFC155の予想

 今年1年のUFCを締めくくる30日のラスベガス大会。負傷者続出でややカードの格が落ちた感はあるものの、メインをはじめ注目カード多数。

クリス・カリアソ○-×ジョン・モラガ
 日本大会で水垣を下したのを含めUFC3連勝のカリアソ。これに勝てばフライ級でじわりと存在感を増してきそう。

メルヴィン・ギラード○-×ジェイミー・ヴァーナー
 TUF Finaleで予定されていたもののヴァーナーの体調不良で当日キャンセルされたカードがスライド。怪我でないとはいえ、キャンセルから2週間後に組むって結構無茶やるよな。
 やはりヴァーナーのコンディショニングがどこまで戻っているのか不安。ギラードが勢いで殴り倒しそうな気がする。ヴァーナーも逆に短期決着狙いでKO・一本を狙わないと厳しいか。

岡見勇信○-×アラン・ベルチャー
 カムバック戦でいきなりトキーニョを粉砕したベルチャー。ここで勝てばタイトル戦線にも一気に浮上してくるか。岡見にとっては厳しい試合になりそうだが、連敗を脱出して精神的にも上向いている状態のはず。泥臭くて構わないので勝ちを拾ってほしい。

ティム・ボーシュ×-○コンスタンティノス・フィリッポウ
 ワイドマンとボーシュによる次期挑戦者決定戦の予定がワイドマンが負傷欠場。岡見・ロンバードを立て続けに破ってきたボーシュだが、両方とも「なぜかうっかり勝っちゃった」という印象の方が強い内容。ボクシング技術では上回る(はずの)フィリッポウにこの際ボコボコにしてほしい。

ジム・ミラー×-○ジョー・ローゾン
 これも当初組まれていたメイナードvsローゾンの方が面白そうだったのに。このところ負けが込んでいてタイトル戦線からは脱落しつつある選手同士のサバイバルマッチ。どっちに転んでもおかしくないが、前戦で逆転勝利を見せて勢いに乗っているはずのローゾンに賭けてみます。

ジュニオール・ドス・サントス○-×ケイン・ヴェラスケス
 メインは昨年の再戦となるヘビー級タイトルマッチ。現在のUFCヘビー級ではこの2人が図抜けているのは間違いなく、正真正銘の頂上決戦となる一戦。
 前回同様瞬殺のKO劇となってもおかしくないし、両者せめぎ合ったまま判定までいく展開もありえそう。超弩級の実力者同士のぶつかり合いに野暮な予想は無用なので、「前回勝っているドス・サントスの方が精神的に有利」という簡単な予想だけにして当日を楽しみに待ちたいと思います。

 メリークリスマス!(超適当。)人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2012-12-24 13:48 | UFC | Comments(0)