反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

UFC MACAO の感想

 BS朝日で見た感想を。3時間枠だけあって日本人の全5試合を含む8試合放送と盛りだくさんの内容。

トム・デブラス×-○福田力(判定)
 1Rに福田がパンチからのタックルでテイクダウン。この日の福田は日本大会の時のような無理な打ち合いをする場面もなく、スタンドでも着実に手数で上回っていく展開。UFC参戦以来、今回が一番いい動きをしていたのでは?
 最後までデブラスに反撃らしい反撃のチャンスを与えなかった福田が完勝し、UFC戦績を2勝2敗の五分に。次戦はこのまえのフィリッポウのような中堅クラスが相手になるだろうから、その壁を超えられるかどうかが勝負になりそう。

ジョン・リネカー○-×漆谷康宏(判定)
 テンカオを放つ漆谷に、リネカーはボディを貴店に回転力のあるパンチで応戦。漆谷の動きは悪くなかったと思うのだが、1R終了間際にリネカーのパンチをもらってしまいフラッシュダウンンを喫する。
 これ以降もリネカーの速いパンチに漆谷はペースを握れず、3Rにはリネカーがダメ押しのダウンを奪取。これで漆谷はUFC2連敗。単純にボクシングと比較しても日本人が頂点を狙える階級のはずなのだが、どこで出遅れてしまったのだろうか。

アレックス・カサレス○-×手塚基伸(判定)
 ねちっこいタックルからテイクダウンを奪う手塚に、カサレスは打撃で応戦。2Rにはダブルパンチを繰り出すカサレスに手塚が三戦の構え、とUFCらしからぬ光景も。両者決め手がなくスプリットになったもののカサレスが判定勝利。緊急参戦の手塚は持ち味を出していたが、3Rにタックルを切られ打撃戦に付き合わされてしまったのが響いたか。

水垣偉弥○-×ジェフ・ホーグランド(判定)
 テイクダウンを狙っていくホーグランドに対し、水垣は逆に上を奪うとパウンドで削っていく。2R以降もスタンド・グラウンドともに水垣がホーグランドを圧倒し、安定した試合内容で圧勝。これでUFC戦績を3勝2敗とした水垣。福田と同様、中堅クラス以上が相手になる次戦が勝負どころになりそう。

五味隆典○-×マック・ダンジグ(判定)
 あらかじめ結果を知った上で放送を見たわけだが、確かに微妙な試合内容。1Rはスタンドでの様子見から五味が最初にテイクダウンを奪うものの、ラウンド終盤にはダンジグがテイクダウンを奪い返してパウンドで攻勢。
 2Rは五味がスタンドでやや優勢になるも、終盤にダンジグがテイクダウンに成功すると五味をギロチンに捕らえた状態でラウンド終了。しかし3Rに五味がパンチでダウンを奪い、試合はこのまま判定へ。2Rはダンジグ、3Rは五味で1Rはどちらに入ってもおかしくない内容。どちらに転んでもおかしくない内容だったが、スプリットで五味が勝利をものにした。
 福田や水垣が「勝つべくして勝った」という内容だったのに対し、五味は2試合連続「どうにか無理やり勝っちゃった」という雰囲気。とはいえUFCでの星を五分に戻したのは大きい。引き続き厳しい試合が続きそうだが、次回日本大会で再びその姿が見られるか。

パウロ・チアゴ×-○キム・ドンヒョン(判定)
 グラウンドの攻防中心の展開となったが、終始ドンヒョンがチアゴを圧倒。2Rにチアゴがアームバーを極めかける場面はあったが危なかったのはこのくらいで、優位なポジションをキープしたドンヒョンが最後はカメになったチアゴにパウンド・鉄槌の連打。文句なしの内容で勝利を収めた。
 正直この両者の対戦でここまでワンサイドゲームになるとは予想外。ドンヒョンも次戦は上位陣の壁に挑む試合になりそう。

チアゴ・シウバ○-×スタニスラブ・ネドコフ(3R 肩固め)
 パンチ連打を振るって金網際に詰めていくネドコフに、シウバは首相撲からのヒザで応戦。2R終盤にネドコフの右フックでシウバがダウンするものの、ネドコフはフィニッシュまで攻めきれずラウンド終了。すると3R、攻め疲れのみえるネドコフにチアゴがパンチで逆襲。最後はテイクダウンからの肩固めで逆転一本勝ち。
 でもこの試合、シウバのドーピングでノーコンテストになっちゃったわけで、ネドコフが2RにKOしときゃ色々な意味で丸く収まってたのに。

リッチ・フランクリン×-○カン・リー(1R KO)
 結果を知った瞬間「マジか?」と思ったこの試合。フランクリンは打撃のリズムがだんだん乗ってきたところで一発もらっちゃった感じ。カン・リーのパンチもドンピシャのタイミングというよりはフランクリンのローを受けた後に一拍置いている印象だし、なにしろリー本人が試合後のマイクで「あれはラッキーパンチだった」と言っちゃってますからね。フランクリンにとっては何とももったいなさ過ぎる敗戦。
[PR]
by nugueira | 2012-11-24 23:51 | UFC | Comments(0)