反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

山中vsロハス

 WBC世界バンタム級タイトルマッチ、山中慎介vsトマス・ロハスをエキサイトマッチで観戦。

 1Rから前に出る山中、ラウンド終盤に左ストレートを入れてポイントは取った印象。手数がもう少し欲しいところか。
 山中の左ストレートを警戒しているロハスだが、2R序盤にならばとばかり山中の右フックがヒットし、一瞬腰を落とす。ロハスは変則的な大振りのパンチで攻め込んでいくが距離が合っていないのか、空振りが目立つ。
 3Rは手数の減った山中にロハスが攻め込み、4Rはボディを起点に山中が反撃。4R終了時のジャッジは山中2-0。基本的に山中ペースなのだが、なかなかロハスを切り崩すことができない。
 5R、ここまで山中の左ストレートをギリギリのタイミングでかわし続けてきたロハスに対し、山中はジャブや返しの右フックを効果的に使って応戦。今日は右の方が冴えている感じ。そして迎えた6R、山中の左ストレートが遂にクリーンヒット!ロハスはダウンこそ免れたもののガクリと腰を落とし、試合は一気に山中のペースに。
 KOへの期待が高まる7R、山中が完璧にその期待に応えてみせる。ワンツーの左ストレートを再びヒットさせた山中が右アッパーにつなげ、なおもパンチを返してくるロハスにクロスの左ストレート。糸が切れた人形のようにガクリとヒザを着いたロハスがそのまま前のめりに崩れ落ちる、衝撃的KOで山中が2度目の防衛に成功。

 ロハスは元世界王者とはいえ前回のダルチニアンに比べると格落ち感のある相手で、山中にとっては勝って当然のマッチメイク。とはいえ得意の左ストレートをあれだけ警戒されたにも関らず、最後はその左できっちりフィニッシュしてみせたのは本当にお見事。西岡・粟生の連敗を帳消しといったら大げさだけど、帝拳にとってもファンにとっても溜まっていたモヤモヤを一気に振り払ってくれるKO劇だった。

 五十嵐の試合はまた改めて。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by J.V.N at 2012-11-04 16:40 x
西岡完敗で、なんか自分の中でしばらくボクシング観戦は終わった感があったんですが、(粟生敗戦がさらに拍車)山中選手を見て、またボクシング観戦熱が出てきました!山中、内山、井岡、井上!まだ世界と闘える日本人はいる!
内山選手は、次戦が正念場ですね。
Commented by nugueira at 2012-11-11 16:06
>J.V.N様
 自分も山中への評価は正直さほどでもなかったんですが、今回のKOで一気に株が跳ね上がりました。「対世界」路線でガンガン行ってほしいですね。
Commented by なちょ at 2012-11-13 09:30 x
山中は良い仕事をしましたね、目の覚めるようなKO。
階級を上げたロハスはバランスが悪かったし勝つにはそれほど難しくない選手ですが、KOするのは相当難しい選手だったと思います。
でも残念ながら「対世界」と言ってもこのクラスには著名選手がほとんどいません、昨日1階級上で負けたモレノとサンタクルス、サンタクルスは今後間違いなく人気が出る選手なので今のうちに試合をしておけば、おいしい選手だと思います、ただ早く対戦しないと直ぐに階級上げそうですけどね。
Commented by nugueira at 2012-11-17 02:07
>なちょ様
 うーん、バンタム級は目標になるような大物不在なんですね。ドネアみたいな化け物がいてもそれはそれで手が届かなくなっちゃうので難しいところですが。
by nugueira | 2012-11-03 23:49 | ボクシング | Comments(4)