反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

リスティ劇勝

 昨日の記事の流れでIt's Showtimeからもう1試合、リスティの試合を。

アンディ・リスティ○-×デビッド・カルボ(1R KO)
 開始直後に左ミドルから前に出るリスティ。カルボのパンチやハイを見切ってバックステップとスウェーでかわすと、距離を詰めてボディブローからテンカオ。脇腹にヒザを突き刺されたカルボは悶絶したまま立ち上がれず、リスティが45秒でKO勝利。
 リスティはこの前のShowtimeの試合でも20秒KO勝ちを収めており、2試合合わせてようやく1分を超えようかという試合時間。5月のドラゴ戦で攻めあぐねた印象が強かったので「粗さも目立つ」と繰り返し指摘させてもらっているけど、やっぱり格下相手だと粗さが出る前に勝っちゃうんだよね。
 1日3試合の長丁場を戦い抜くにはやや経験不足かとも思えるのだが、一方で勢いに乗ったら一気にKOを重ねちゃいそうな気も。やっぱり70キロトーナメントはリスティがキーパーソンになりそう。

 まあShowtimeの買収により70キロトーナメントがちゃんと開催されるかどうか、という話になっちゃってるわけですが・・・。

 日本大会にも来るんだっけ。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2012-07-26 23:43 | その他(立ち技系) | Comments(0)