反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

UFC149の感想

 WOWOWで見た感想を。全体的な印象から先にいうとカード編成のゴタゴタを試合内容でカバー、とはならず。まあメインが見応えのある勝負だったので帳尻は合ったけど。

クリス・クレメンツ×-○マシュー・リドル(3R 肩固め)
 リドルがスタンドでは左ミドルを起点にペースを握り、テイクダウンからのポジショニングでも終始優勢。とはいえクレメンツも2R終盤にテイクダウンからパウンドで攻勢をかけるなど、まだ一発がある感じ。しかし3Rにクレメンツがバックブローを空振りすると、スタンディングのまま肩固めの体勢に持って行ったリドルがそのままグラウンドに持ち込んで一本。負けたとはいえクレメンツの思い切りのいい戦い振りも良かった。

ブライアン・エバーソール×-○ジェイムズ・ヘッド(判定)
 ヘッドにギロチンの体勢で捕えられるが、親指を突きだしてみせるエバーソール。そういえばこの人、チョークが極まらない特異体質なんだっけ。試合はエバーソールのタックルを切り続けたヘッドがパンチやヒザ蹴りを食らわせるものの、エバーソールがのらくらした動きから細かい打撃を入れ返していくという盛り上がりに欠ける展開。両者決め手に欠けるジャッジ泣かせの試合内容だったが、判定はスプリットでヘッドが辛勝。分かりやすい攻勢場面はヘッドの方が多かったから、まあ妥当な線か。

シーク・コンゴ○-×ショーン・ジョーダン(判定)
 組み付いてケージ際へ押し込んでいくジョーダンだが、コンゴは脚のスタンスを広げてきっちりディフェンス。さらに体勢を入れ替えての組みヒザやバックに回り込む場面を作り、着実にペースを握る。
 2R以降もコンゴはスタンドでちょこちょこ打撃を入れてから組み付き、という展開を繰り返してジョーダンに自分の試合をさせない。コンゴはストライカーの印象が強かったけど、こうして見ると差し合いの強さが一つの武器になっている感じ。コンゴも最後まで決定打は奪えず場内からブーイングも浴びていたが、ピンチらしいピンチもなくジョーダンを撃退。やっぱりコンゴに勝てるかどうか、というのはUFCヘビー級で通用するかどうかの試金石になってるよね。

ヘクター・ロンバード○-×ティム・ボーシュ(判定)
 ロンバードは空手のような独特の構えで前進し、間合いが詰まるとキレのあるパンチを連打。体格ではボーシュの方が上回っているのだが、ロンバードの圧力が凄いのかボーシュが動かされている、という感じ。
 2Rもロンバードは自分から手数は出していかないものの、ボーシュの攻撃にパンチを合わせていき、ミドルを効かせてボーシュを下がらせる場面も。かつて郷野相手に分かりやすいガス欠を起こしていた選手とは完全に別人のような試合運び。
 3Rもこれまでと同様の展開でロンバードが圧力をかけ続け、終了間際にはボーシュをぶっこ抜くようにしてテイクダウン。ちょっと慎重に戦い過ぎた感じはするけど、まあまずはUFC初戦をクリア。
 …と思っていたら判定は2-1でボーシュ。えーっ、この試合だとこういう判定になっちゃうの?確かにロンバードの手数は少なかったけど、ボーシュの打撃に合わせて打ち返していたわけだし、主導権は完全に握っていたと思うんだけどなあ。ジャッジの基準が相変わらず理解に苦しむ。

ユライア・フェイバー×-○ヘナン・バラォン(判定)
 互いに間合いを測りながら、フェイバーは踏み込んでのパンチ、バラォンはミドルやハイを織り交ぜて攻めていく。フェイバーが踏み込むとバラォンはスッとバックステップし、逆に跳びヒザからのパンチを入れていく。1Rはバラォンが取った印象だが、まだまだどうなるか分からない。
 2Rも同様にスタンドでの削り合いとなるが、バラォンが間合いを見切るようになったか、ラウンド終盤にローからパンチのコンビネーションを立て続けにヒット。一気に均衡が崩れてきた。
 3Rに入ってもスタンドは完全にバラォンのペース。スタンドで劣勢に追い込まれたフェイバーはテイクダウンに持ち込んで流れを変えたいが、バラォンの蹴り足をつかんでもスルリと抜けられてしまい、タックルに入るタイミングを見いだせない。
 完全に手詰まりとなったフェイバーは終盤も流れを変えることはできず、スタンドでジリジリとバラォンに押され続けるまま時間が経過。バラォンは左手を前に出し続けて時折左手だけでフェイバーと組み合う場面もあったが、これが制空権の掌握に一役買っているみたい(この辺は是非ゴン格で吉鷹あたりに解説してほしいが)。結局最後までフェイバーにテイクダウンを許すことなくスタンド勝負を続けたバラォンが判定3-0で勝利し暫定王者に。
 これでノヴァ・ウニオンは軽量級2階級を制覇。一方のフェイバーはWEC時代のアルド戦と合わせ、2度にわたりノヴァ勢に戴冠を阻まれる結果に。正直今回は「ラストチャンス」という位置づけになってもおかしくない状況だったと思うが、決して層が厚いとはいえないバンタム級、フェイバーに3度目のチャンスが巡ってくる可能性もなくはないか。
 試合後にインタビュアーも「クルーズへの挑戦権を獲得」という言い方をしていたが、クルーズってそう簡単に戻ってこれるような怪我なんだっけ?長期欠場になるのであれば、どこぞの暫定王者と同じようなことをせずガンガン防衛戦を戦ってほしいところ。バラォンvsマイケル・マクドナルドなんかは是非見てみたい組み合わせ。

 8月は2週連続生中継。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2012-07-22 22:47 | UFC | Comments(0)