反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

Bellator71

 先日のBellatorで行われたゼルグ・“弁慶”・ガレシックの試合映像を見たので感想を。

アッティラ・ベガ○-×ゼルグ・“弁慶”・ガレシック(1R 裸絞め)
 しばらくスタンドで両者間合いを測り合った後、弁慶がパンチを出していく。ベガが組み付いてテイクダウンするが弁慶がすぐさまスイープ。ベガの立ち上がり際に弁慶がヒザを入れると、後ろに下がったベガを猛スピードで追いかけていく。一気に仕留めにかかろうとする弁慶だが、打ち合いからベガの左を入れられてダウンすると、最後はバックから絞められ逆転一本負け。ライトヘビー級転向初戦を飾れず。

 勿体ないと言えば勿体ない負け方だし、日本で戦っていたときもこういう負け方が多かったよね、という気もする。それにしても参加選手のレベルではおそらく世界第2位に位置しているであろうBellator、「少し前に日本で馴染みだった」というレベルの選手じゃ通じない世界になっちゃってるなあ。
[PR]
by nugueira | 2012-06-29 23:44 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)