反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

Krush.7の感想

 遅ればせながらGAORAで見た感想を。

高橋功×-○山崎秀晃(1R KO)
 開始からガンガン打って出る両者。ミドル・パンチで攻めた山崎が最後はボディにヒザを突き刺し、高橋が悶絶KO。

松倉信太郎○-×内山政人(3R KO)
 前に出てパンチで攻める内山に、松倉はロー、ヒザもまじえて応戦。1R終盤には松倉もパンチの打ち合いに応じ、どちらが先に当たるかというヒリヒリした展開に。手数は内山が出しているが、ディフェンスとコンビネーションでは松倉が上回っている感じ。
 3Rに猛ラッシュを仕掛ける内山だが、逆に松倉が右フックを打ち抜き内山がもんどりうつようにダウン。再開後も内山が突っ込んできたところに右ハイ、最後は右フックで3度目のダウンを奪い松倉がKO勝利。K-1甲子園世代は本当に強い選手が多い。

YOSHI○-×JUN Da 雷音(判定)
 リーチで勝るJUNに、YOSHIは懐に入ってインファイト狙い。五分のまま突入した3R、圧力を強めたYOSHIが距離を詰めるようになり、左アッパー・右フックをヒット。この攻勢が効いて判定3-0で勝利。

黒田アキヒロ○-×白濱卓哉(判定)
 パンチで攻める白濱に、ブロックの後ミドル・ローを返していく黒田。2Rも蹴りで距離を取っていた黒田は、白濱がローを蹴ったところにタイミングよく右を入れダウンを奪う。
 白濱は3R終盤にようやくラッシュを仕掛けるものの決定打は奪えず、試合巧者ぶりを見せた黒田が判定勝利。

白虎×-○渡辺雅和(判定)
 キレのある左右のパンチを打ち込む白虎に、渡辺もブロックからパンチ、ローを返していく締まった試合。
 2Rに渡部のローが効き始めるが、白虎はひるまずガンガンパンチを打ち込んでいく。渡辺も打ち合いに応じ、削り合いの展開に。
 3Rも同様の打ち合いになるが、パンチ一辺倒の白虎に対し渡辺はミドルやヒザも織り交ぜる。判定は2-0で渡辺に軍配が上がったが、白虎は久々の復帰戦にも関わらず面白い試合を見せてくれた。

ダニロ・ザノリニ○-×堤大輔(3R KO)
 重たいパンチを振るうザノリニに、堤はミドルを軸に攻めていく。ザノリニは跳びヒザやバックブローも見せ、なかなか気が抜けない。
 2Rもザノリニが派手な攻撃を見せるものの、堤は落ち着いて捌くとミドル・ヒザをボディに突き刺していく。試合の流れは堤に傾いている感じだったが、3R早々にザノリニの右が入って堤がダウン。ダメージの残る堤にザノリニがパンチの追撃を入れKO。落ち着いた戦いを見せた堤だったが、最後はパワーの差で持っていかれてしまった感じ。

KENJI○-×杉山明隆(1R KO)
 序盤から右ローとパンチを次々に叩き込んでいくKENJI。最後は左フックから右ローをクリーンヒットさせ、キャリアの違いを見せつける1ラウンドKO勝利。

山内裕太郎×-○名城裕司(1R KO)
 上背で勝る山内がミドルから先手を取り、距離が詰まるとパンチの打ち合い。山内の右が入って名城が下がるが、山内が詰めたところに名城の左ハイが炸裂。山内は立ち上がるもファイティングポーズが取れず、まさかの1ラウンドKO決着。要所要所での取りこぼしを続けてきた山内、またも勝負の一戦を勝てず。
[PR]
by nugueira | 2010-07-20 23:27 | Krush | Comments(0)