反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

マルケスvsフェドチェンコ

 エキサイトマッチでWBO世界 スーパーライト級暫定王座決定戦、ファン・マヌエル・マルケス対セルゲイ・フェドチェンコを観戦。

 パッキャオとも3度にわたる接戦を演じたマルケス、ここはスピードで相手を軽くひねるか、と思ったものの相手のフェドチェンコも悪くない動き。トリッキーな動作も交えながらマルケスにクリーンヒットを許さず、手数では負けつつも細かいパンチをちょこちょこ当てていく。
 それでも5Rに入ったあたりからマルコスの有効打が増え始め、フェドチェンコは徐々に凌ぎきれなくなってくる。終盤にはマルコスの連打がフェドチェンコの顔面を捉えてグラつかせる場面もあり、ダウンこそ奪えなかったものの危なげない内容で完勝。

 しかしまあ、4階級制覇もこう続々と達成されちゃうと「快挙」という感じがしなくなってきちゃうよね。今回は暫定王者だし。この際だから誰か「暫定王座だけで4階級制覇」とかやってくれないかな。最近の傾向だとそれが十分ありえそうなのが怖いが。

 パッキャオvsブラッドリーのゲストがくりぃむしちゅー上田。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2012-05-17 10:22 x
某兄弟なんぞは、正規王者をスーパー王者や休養王者に押しのけてタイトルマッチにしちゃうわけですからね。暫定だけじゃなく正規王者の価値すらも怪しいわけでw

あと、パッキャオは十分偉大だし、大好きな選手ですが、キャッチウェイトってのもどうかなーとは思いますねぇ
Commented by なちょ at 2012-05-17 11:47 x
ボクシングは自分で自分の首を絞めていますね、ベルトを乱造してベルトの価値を貶めています。
最近は3階級、4階級制覇と文字が躍っても心は全く躍りません。
一階級あたり4~7本もベルトがあるからもう誰でもチャンピオンになれる時代になっちゃいました。
みゆパパさんが仰っているキャッチウェイトもパッキャオが連発して以降マネする人達が何人か出て来ました、悪い事はすぐ広まるボクシング界ですw

あと今回放送された試合2試合ともつまらなかった
特にリオスの試合は酷いヤオ判定だった
Commented by nugueira at 2012-05-17 18:56
>みゆパパ様、なちょ様
 御指摘のとおり、ベルトの価値がデフレを続けている現状では複数階級制覇にあまり意義は見いだせないですね。
 それも背景にあって「階級・ベルトを無視してビッグマッチを組む」というパッキャオのビジネスモデルが生まれたのだと思いますが、これはこれで弊害が大きいですしね。
by nugueira | 2012-05-15 23:55 | ボクシング | Comments(3)