反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

IT'S SHOWTIME 56の感想

 メインだけネットで動画を見たので、感想を。

ダニエル・ギタ○-×ブライアン・ダウエス(2R KO)
 上背では劣るダウエスだが、開始と同時に鋭い左右のフックからヒザ蹴りで攻め込んでいく。やや面食らったギタも左右のパンチとミドルで応戦。ラウンド終盤にダウエスを下がらせる場面はあったが、全体的にダウエスが先手を取り続けていた感じ。
 2Rも同様の展開が続くが、ギタのハイをガードしながらダウエスが突っ込んできたところに、ギタがカウンターの左を一閃。スローで見てもヒットの瞬間が追えないようなパンチを打ち抜かれたダウエスがひっくり返るようにダウンし、そのまま起き上がれず。やや苦戦の印象が強かったギタだが、終わってみれば鮮やかすぎる一撃KO。今年再開されるK-1ヘビー級戦線ではやはり中心軸の一人になりそう。

 ギタは今月K-1の方でも試合するんだっけ。人気ブログランキングへ 
[PR]
Commented by gsp at 2012-05-14 00:55 x
ギタ本当に「一撃必殺」が似合いますね。
魅力的な選手です。

やっぱり、カラケスを沈めた試合が一番好きです。
Commented by nugueira at 2012-05-14 18:59
>gsp様
 カラケス戦は未見なので、今度チェックしておきます。選手として上昇線の時期がK-1活動停止と重なってしまったという点で非常に可哀想な選手なので、今年は大暴れしてほしいです。
by nugueira | 2012-05-13 21:30 | その他(立ち技系) | Comments(2)