反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

UFCはなぜ怪我が多いのか?

 ドミニク・クルーズが前十字靱帯断裂によりUFC148を欠場。

 以前クルーズの試合を見たとき「GSPがMMAの完成形とするならば、クルーズはMMAの進化形」という感想を書いたのだが、奇しくもその両者が同じ怪我で長期欠場。復帰後のパフォーマンスにも影響が出る可能性の高い箇所らしいし、目先の試合が流れたこと以上に選手生命への影響というレベルで心配。

 それにしてもUFCは昨年からの負傷者続出の流れをなかなか脱することができない、というかますます悪化している印象。かつてのPRIDEなんかと比べると試合間隔は安定しているからコンディションを調整しやすいんじゃないか、と素人考えに思ってしまうのだが。
 まあ怪我をごまかして戦えるような楽な相手をあてがってもらえないのはPRIDEと大きく違うところか。チャンピオンなんかは半年おきにその時点で最強の挑戦者が挑んでくるわけで、試合数以上に負荷は大きくなるよね。MMAの技術向上に伴いトレーニングで求められる水準も上がって、その分練習中の怪我のリスクも高まっているのかもしれないし。

 しかしこう王者の怪我が続くと大会のメインイベントのやりくりが相当苦しくなるんじゃ。今のところ8月のUFC150でベンヘンvsエドガー再戦、というところまでは埋まってるけど9月以降どうするのか。
 本来こういう時のための暫定王者なんだから、「GSPが復帰するまで戦いたくない」とか言わせてる場合じゃないと思うんだけど。

 と言っている間に秋山まで。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by まえだ at 2012-05-09 23:10 x
コンディットはカンプマンかエレンバーガーとやらせるべきだったし、ネイトはペティスとやるべきだね。
ただでさえ停滞が続くウェルター級やライト級なのに、王者や挑戦者クラスを半年以上も待たせるという選択をしても勿体無いだけだね。
バンタム級もどうやら暫定王者戦を組む方向で動くみたいだけど、停滞を帳消しにするようアグレッシブな方向でマッチメイクしてもらいたい。
最近のズッファのやり方はちょっと消極的過ぎると思う。
リョートが試合が中々組んでもらえないと言ってたみたいだけど、ファンが見たがるクラスの強豪の試合を組み渋ってる場合じゃないよ。
Commented by tarou at 2012-05-09 23:31 x
練習の強度が高すぎるんでしょうね。それだけハイレベルなせめぎあいなんでしょうけど、けがをすることによる悪影響のほうがはるかに大きいので、練習内容の見直しが必要となってくるのではないでしょうか?
Commented by おおぶん at 2012-05-10 10:17 x
私も練習の強度が高すぎるのだと思います。
負傷箇所にヒザが多いのも気になります、靱帯を断裂してしまうと選手生命に関わります。
いまふり返るとPRIDEのトーナメントやK-1などは負傷者が良くあれだけで済みましたよ。

ストライクフォースのヘビー級トーナメントもコーミエの怪我でグダり感がありますが、ボクシングのスーパー6のグダグダ感がハンパなかったです、6人参加のトーナメントで半数の3人が途中脱落、それに怪我など問題が重なり全て終えるのに2年半以上かかりました、そして一番酷いのが1回戦から全ての試合を放送してきたエキサイトマッチが決勝だけ放送しなかったこと(去年12月が決勝なのでまだ放送する可能性もありますが・・・)
Commented by nugueira at 2012-05-10 19:05
>まえだ様
 ウェルターとライトの交通渋滞は選手もファンもフラストレーションが溜まりますよね。バンタムはユライアとベラォンで暫定王者戦→勝った方がマクドナルドorメンジヴァーと防衛戦という流れを期待してます。

>tarou様
 ボクシングやキックに比べても怪我の頻度が高い気がするのですが、この辺は競技としての歴史が浅いせいもあるんですかね。こういう「症例」を積み重ねて練習の適正化につなげてほしいです。

>おおぶん様
 ストライクフォースはどうにか決勝までこぎ着けてくれただけ合格かな、と思ってます。ボクシングのスーパー6は初めて知りましたが、確かにひどい展開ですね…。
by nugueira | 2012-05-09 20:19 | UFC | Comments(4)